NumberEYESBACK NUMBER

10代ルーキー活躍の陰に
Jリーグの選手育成問題あり。 

text by

浅田真樹

浅田真樹Masaki Asada

PROFILE

photograph byTsutomu Kishimoto

posted2009/05/08 06:01

10代ルーキー活躍の陰にJリーグの選手育成問題あり。<Number Web> photograph by Tsutomu Kishimoto

 どうやら今年は、10代ルーキーの当たり年である。大迫勇也(鹿島)、原口元気(浦和)が、その筆頭格。WBC以降、野球人気に押されがちなJリーグにおいて、彼らの活躍が明るい話題を提供している。

 こうなってみると、8大会ぶりにU-20ワールドカップ出場を逃したことが、うらめしい。Jリーグで経験を積み、成長した彼らなら、世界の列強を相手にどんな戦いを見せてくれただろうか。

 しかし、過ぎたことを今さら嘆いていても仕方がない。もはや彼らには、新たな目標に向かってもらうしかないのだ。4月20日から3日間行なわれたU-20代表キャンプが、A代表スタッフによる直接指導という異例の形態となったのには、そんな背景があった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1030文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

最強の組織論。

Sports Graphic Number 728

最強の組織論。

 

関連記事

原口元気
山本真希
大迫勇也
清水エスパルス

Jリーグの前後の記事

ページトップ