Jリーグ 

豪華施設、超速昇格、セルジオ越後。ベルマーレのルーツは伝説の社長。

JリーグPRESS

豪華施設、超速昇格、セルジオ越後。
ベルマーレのルーツは伝説の社長。

知らずに来場した人は面食らったかもしれない。ピッチに現れた選手たちがまとっていたのは黄色のシャツに緑のパンツ。ジェフ千葉… 続きを読む

川端康生Yasuo Kawabata

2018/10/11

横浜FMウーゴはGK泣かせのFW。ゴール後、左腕にキスをする理由。

JリーグPRESS

横浜FMウーゴはGK泣かせのFW。
ゴール後、左腕にキスをする理由。

上位争いとは無縁のまま、秋を迎えた横浜F・マリノス。だがこのチームには、気になる男がいる。ポルトガルからやって来たストラ… 続きを読む

熊崎敬Takashi Kumazaki

2018/10/10

柏・大谷秀和と鈴木大輔が語った、残留争いでの“割り切り方”とは。

Jをめぐる冒険

柏・大谷秀和と鈴木大輔が語った、
残留争いでの“割り切り方”とは。

大型の台風25号の影響で10月6日、中国地方では強風が吹き乱れ、平和記念公園の約15メートルの樹木が根元から倒れたという。 続きを読む

飯尾篤史Atsushi Iio

2018/10/10

「目の前の1試合に集中するだけ」鹿島の快進撃を支える勝利のDNA。

JリーグPRESS

「目の前の1試合に集中するだけ」
鹿島の快進撃を支える勝利のDNA。

9月1日からの約1カ月で、9試合を戦い7勝1分1敗。9月9日から6連勝中の鹿島アントラーズが迎えた10月3日のACL準決勝、水原三星戦フ… 続きを読む

寺野典子Noriko Terano

2018/10/06

鬼木フロンターレは隙を排除する。ボール奪取で等々力劇場に響く拍手。

JリーグPRESS

鬼木フロンターレは隙を排除する。
ボール奪取で等々力劇場に響く拍手。

先週末のJ1リーグ第28節・V・ファーレン長崎戦。この試合開始前にゲームを行った首位のサンフレッチェ広島が敗れたことは、鬼木… 続きを読む

いしかわごうGo Ishikawa

2018/10/04

和製ロナウド矢野隼人の引退後10年。自らの挫折を伝えるS級指導者に。

JリーグPRESS

和製ロナウド矢野隼人の引退後10年。
自らの挫折を伝えるS級指導者に。

矢野隼人の名を記憶に留める人はどれほどいるだろうか。 続きを読む

海江田哲朗Tetsuro Kaieda

2018/10/03

J新卒の年俸上限460万円は適正か?流経大・小池裕太の例から考える。

JリーグPRESS

J新卒の年俸上限460万円は適正か?
流経大・小池裕太の例から考える。

年俸上限460万円。いまのJリーグで果たして適正なのか――。Jリーガーの初年度の年俸は、Jリーグ規約・規程集で厳しく制限されて… 続きを読む

杉園昌之Masayuki Sugizono

2018/09/29

鳥取・須藤大輔監督が貫く「俺流」。初の師弟対決と終わらぬ“感想戦”。

JリーグPRESS

鳥取・須藤大輔監督が貫く「俺流」。
初の師弟対決と終わらぬ“感想戦”。

J3降格から5年目の今シーズン、ガイナーレ鳥取は開幕から6戦負けなしと好スタートを切った。その後3連敗はあったものの、J2昇格… 続きを読む

渡辺功Isao Watanabe

2018/09/28

宮本恒靖監督でガンバはどう変化?大激戦の残留争い、3つの光明。

話が終わったらボールを蹴ろう

宮本恒靖監督でガンバはどう変化?
大激戦の残留争い、3つの光明。

宮本恒靖監督の力の入ったガッツポーズが、その勝利の重要さを表していた。ガンバ大阪はJ1第27節の清水エスパルス戦に2-1で勝利… 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

2018/09/27

松本山雅内定・山本龍平が熱く語る、名門四中工の主将としてのノルマ。

“ユース教授”のサッカージャーナル

松本山雅内定・山本龍平が熱く語る、
名門四中工の主将としてのノルマ。

名門校で全国大会に出て活躍をして、プロになりたい。そう強く思っていた。そう強く願っていた。そして、どこかで「すべてとはい… 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

2018/09/27

いま、梅崎司が大きく見える理由。「湘南で新たな野心が芽生えている」

JリーグPRESS

いま、梅崎司が大きく見える理由。
「湘南で新たな野心が芽生えている」

「あのちっちゃい身体が3倍ぐらいおっきく見えたんです」サッカー専門誌の記者だった頃、僕は梅崎司の母を取材する機会に恵まれ… 続きを読む

井川洋一Yoichi Igawa

2018/09/26

風間監督が称えた川崎の「自信」。名古屋を叩きのめした2つの凄み。

Jをめぐる冒険

風間監督が称えた川崎の「自信」。
名古屋を叩きのめした2つの凄み。

懐かしい。「フリーの定義」といった独特のフレーズも、「今言ったとおりです」と記者の質問をばっさり斬る感じも、禅問答のよう… 続きを読む

飯尾篤史Atsushi Iio

2018/09/25

1クラブで長く背番号10を着ける男。宮澤裕樹は札幌と北海道の顔だ。

“ユース教授”のサッカージャーナル

1クラブで長く背番号10を着ける男。
宮澤裕樹は札幌と北海道の顔だ。

サッカーにおける10番はマラドーナやメッシに代表されるように、「花形の番号」であり、チームのエースが背負う特別なものである… 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

2018/09/23

矢野貴章が監督交代の日に訴えた事。ようやく上向いた新潟と自責の念。

JリーグPRESS

矢野貴章が監督交代の日に訴えた事。
ようやく上向いた新潟と自責の念。

底なしの恐怖すら感じる落下がようやく止まったのは、それから1カ月以上も経ってのことである。J2リーグ第31節、アウェイで愛媛F… 続きを読む

大中祐二Yuji Onaka

2018/09/22

大島僚太は局面より90分で考える。「試合終了の段階で勝っていれば」

サムライブルーの原材料

大島僚太は局面より90分で考える。
「試合終了の段階で勝っていれば」

「点」の勝負か、「線」の勝負か。「瞬間」か「総体」か。無論、「点」「瞬間」が連続すれば、それが「線」「総体」になる。 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

2018/09/21

J1首位・広島をお尻から支える池田誠剛コーチと「座らない椅子」。

JリーグPRESS

J1首位・広島をお尻から支える
池田誠剛コーチと「座らない椅子」。

サンフレッチェ広島の練習場、吉田サッカー公園の天然芝グラウンドには、全体練習が終わると「椅子」が持ち込まれる。 続きを読む

石倉利英Toshihide Ishikura

2018/09/21

“派手な今野泰幸”はガンバを救うか。復帰後は奪う、走る、そして吠える。

JリーグPRESS

“派手な今野泰幸”はガンバを救うか。
復帰後は奪う、走る、そして吠える。

宮本ガンバにとって、8月は悪夢のような試合の連続だった。昨年までの指揮官、長谷川健太監督が率いるFC東京には後半アディショ… 続きを読む

下薗昌記Masaki Shimozono

2018/09/20

内田篤人が体現する「鹿島らしさ」。ACLでも輝いた巨大な存在感。

JリーグPRESS

内田篤人が体現する「鹿島らしさ」。
ACLでも輝いた巨大な存在感。

遠藤康から受けたパスを足元に置くと、スルスルとスピードに乗ったドリブルで、右サイドを駆け抜け、クロスボールをゴール前へ蹴… 続きを読む

寺野典子Noriko Terano

2018/09/19

絶対プロになると中1で決断した男。青森山田→札幌で夢実現の檀崎竜孔。

“ユース教授”のサッカージャーナル

絶対プロになると中1で決断した男。
青森山田→札幌で夢実現の檀崎竜孔。

9月18日火曜の午後。青森山田高のMF檀崎竜孔(だんざき・りく)の北海道コンサドーレ札幌への来季加入が正式に発表された。「絶… 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

2018/09/18

川崎・守田英正と浦和・柴戸海。代表デビューとライバル関係の今後。

JリーグPRESS

川崎・守田英正と浦和・柴戸海。
代表デビューとライバル関係の今後。

以前に2人から話は聞いていて、どのタイミングで記事にするべきかを探っていた。そんな折、川崎フロンターレの守田英正が日本代… 続きを読む

塚越始Hajime Tsukakoshi

2018/09/15

ページトップ