高校野球 

商業高校が席巻していた「江川世代」。甲子園出場校から“時代”を紐解く。

草茂みベースボールの道白し

商業高校が席巻していた「江川世代」。
甲子園出場校から“時代”を紐解く。

井端弘和氏の開幕戦始球式で始まった今夏の甲子園は、達川光男氏の決勝戦始球式で幕を閉じた。達川氏は広島商出身。1973年の第55… 続きを読む

小西斗真Toma Konishi

2019/08/29

奥川恭伸は誰よりも穏やかなエース。笑い、泣き、不安すら受け入れて。

野ボール横丁

奥川恭伸は誰よりも穏やかなエース。
笑い、泣き、不安すら受け入れて。

こんなに穏やかな一流投手を見たことがない。星稜を準優勝に導いたエースの奥川恭伸のことである。取材のときも、試合中も、いつ… 続きを読む

中村計Kei Nakamura

2019/08/28

市立尼崎は毎年沖縄代表を担当!甲子園ブラバン「友情応援秘話」。

甲子園の風

市立尼崎は毎年沖縄代表を担当!
甲子園ブラバン「友情応援秘話」。

甲子園期間中、アルプススタンドで応援の取材をしていると、毎日のように友情応援にかけつけている吹奏楽部がいることに気づく。… 続きを読む

梅津有希子Yukiko Umetsu

2019/08/26

イニング平均球数わずか「12.39」。奥川恭伸の賢さは甲子園史に残る。

酒の肴に野球の記録

イニング平均球数わずか「12.39」。
奥川恭伸の賢さは甲子園史に残る。

101回目の夏の甲子園が終わった。今季はいろいろと変化の見られた大会だった。投手成績を中心に振り返ろう。 続きを読む

広尾晃Kou Hiroo

2019/08/25

スポーツ紙で見る奥川恭伸の熱投。感動を呼んだ美談の説教と真相。

月刊スポーツ新聞時評

スポーツ紙で見る奥川恭伸の熱投。
感動を呼んだ美談の説教と真相。

夏の高校野球をスポーツ紙はどう伝えたか。まずは決勝戦前日の履正社の練習について。『奥川剛球イメトレ完璧 履正社 攻略へ巨… 続きを読む

プチ鹿島Petit Kashima

2019/08/24

オリジナル曲、独自の選曲が急増!2019夏の甲子園、ブラバンBEST10。

甲子園の風

オリジナル曲、独自の選曲が急増!
2019夏の甲子園、ブラバンBEST10。

星稜を破り、履正社が初の日本一に輝いた101回目の夏の甲子園。今大会も、数々の名勝負と熱い演奏をアルプススタンドで観戦。全… 続きを読む

梅津有希子Yukiko Umetsu

2019/08/23

強打・履正社が最後に見せた緻密さ。奥川恭伸を崩した「大事なバント」。

野球善哉

強打・履正社が最後に見せた緻密さ。
奥川恭伸を崩した「大事なバント」。

これが併殺打になるのか。2点リードの9回裏、1死一、二塁。星稜の3番・知田爽汰のセカンドゴロは併殺打になった。履正社が初優勝… 続きを読む

氏原英明Hideaki Ujihara

2019/08/22

投手ほどテレビには映らずとも……。甲子園で驚いた5人の野手の才能。

マスクの窓から野球を見れば

投手ほどテレビには映らずとも……。
甲子園で驚いた5人の野手の才能。

「投手」は5分、10分と投げてくれるから驚けるが、「野手」のプレーというのは、打つにしろ、守るにしろ、走るにしろ“一瞬”で… 続きを読む

安倍昌彦Masahiko Abe

2019/08/22

全力投球“しない”奥川恭伸の技術。彼の1球は他の投手の1球とは違う。

マスクの窓から野球を見れば

全力投球“しない”奥川恭伸の技術。
彼の1球は他の投手の1球とは違う。

この夏の甲子園、大会を代表する投手として1人挙げるとすれば、星稜高・奥川恭伸投手で決まりであろう。150キロを、試合終盤でも… 続きを読む

安倍昌彦Masahiko Abe

2019/08/22

履正社を強くした奥川恭伸の衝撃。春は17三振、夏決勝で運命の再会。

野球善哉

履正社を強くした奥川恭伸の衝撃。
春は17三振、夏決勝で運命の再会。

怖い、怖い。怖いくらいにシナリオができている。夏の大会では初めてとなる決勝の舞台に挑む履正社のことだ。「今年のセンバツで… 続きを読む

氏原英明Hideaki Ujihara

2019/08/21

奥川恭伸以外もぜひ覚えておきたい、非エリートから選ぶ「私だけの逸材」。

マスクの窓から野球を見れば

奥川恭伸以外もぜひ覚えておきたい、
非エリートから選ぶ「私だけの逸材」。

次の「100回」のスタートとなる「第101回全国高校野球選手権大会」も、いよいよ大詰めを迎えた。 始まる前、2週間は長いなぁ……… 続きを読む

安倍昌彦Masahiko Abe

2019/08/21

甲子園以外の球場が使われた甲子園。堀内恒夫は3回戦まで全て西宮球場。

甲子園の風

甲子園以外の球場が使われた甲子園。
堀内恒夫は3回戦まで全て西宮球場。

夏の甲子園もいよいよ終盤戦。クライマックスの熱戦を楽しみにしているファンも多いだろう。 一方で近年の高校野球は、猛暑化す… 続きを読む

田澤健一郎Kenichiro Tazawa

2019/08/21

高校野球の控え投手の価値を上げた。中京学院大中京がなしとげた革命。

野球善哉

高校野球の控え投手の価値を上げた。
中京学院大中京がなしとげた革命。

止まらなかった。 あの手この手で状況を打開してきた中京学院大中京・橋本哲也監督だったが、この日は効力を欠いた。 準決勝第2… 続きを読む

氏原英明Hideaki Ujihara

2019/08/20

明石商・狭間監督、精一杯のジョーク。「言われたのに風呂入ってしもうた」

野ボール横丁

明石商・狭間監督、精一杯のジョーク。
「言われたのに風呂入ってしもうた」

試合前、記者に囲まれた明石商の監督、狭間善徳の表情は疲れ切っていた。 「(深夜)2時ぐらいに起きてから、寝てないんで……。… 続きを読む

中村計Kei Nakamura

2019/08/20

<北の指揮官たちが語る>駒大苫小牧「まさかのVが遺したもの」

Sports Graphic Number Special

<北の指揮官たちが語る>
駒大苫小牧「まさかのVが遺したもの」

2004年夏、駒大苫小牧により深紅大旗が初めて北の大地に渡ると、地元は大喝采に包まれた。不可能と思われていた北海道勢の甲子園… 続きを読む

中村計Kei Nakamura

有料

2019/08/20

智弁和歌山の神懸りに勝る奥川恭伸。本当にドラフト候補は不作なのか?

“Mr.ドラフト”の野球日記

智弁和歌山の神懸りに勝る奥川恭伸。
本当にドラフト候補は不作なのか?

大会8日目の第3試合、智弁和歌山対明徳義塾戦を見て心に残ったシーンがある。 前評判は智弁和歌山のほうが高かったが、6回が終わ… 続きを読む

小関順二Junji Koseki

2019/08/20

明石商・狭間善徳監督の“馬淵愛”。喋りも熱さも飾らなさも瓜ふたつ。

野ボール横丁

明石商・狭間善徳監督の“馬淵愛”。
喋りも熱さも飾らなさも瓜ふたつ。

歯に衣着せぬ物言いと、膨大な野球知識に裏付けされた解説がおもしろく、明石商の監督、狭間善徳の囲み取材はいつも笑いが絶えな… 続きを読む

中村計Kei Nakamura

2019/08/19

<怪物デビューの熱狂>1年生、清宮幸太郎の夏。

Sports Graphic Number Special

<怪物デビューの熱狂>
1年生、清宮幸太郎の夏。

高校野球100周年。節目の年に高校生となったスーパールーキーが、聖地を熱狂の渦に巻き込んだ。1年生の清宮幸太郎とはどんな存在… 続きを読む

清水岳志Takeshi Shimizu

有料

2019/08/19

奥川恭伸の準決勝回避を提案する。「万全の中4日で決勝」という理想。

野球善哉

奥川恭伸の準決勝回避を提案する。
「万全の中4日で決勝」という理想。

「休んどけ、休んどけ」 ベンチでは、そんな声がエースには向けられたという。 3回戦の智弁和歌山戦で165球を投げてチームをベス… 続きを読む

氏原英明Hideaki Ujihara

2019/08/19

甲子園の「現場」が本当に最適か。スカウトが本当に見たい能力とは。

マスクの窓から野球を見れば

甲子園の「現場」が本当に最適か。
スカウトが本当に見たい能力とは。

今年の夏の「甲子園」も盛況である。佐々木朗希がいなくても、「高校BIG4」の内の3人が負けてしまっても、横浜や大阪桐蔭が出て… 続きを読む

安倍昌彦Masahiko Abe

2019/08/19

ページトップ