女子テニス 

大坂なおみのリズムを崩したもの。「勝ちたい気持ち」との付き合い方。

テニスPRESS

大坂なおみのリズムを崩したもの。
「勝ちたい気持ち」との付き合い方。

大坂なおみが何らかの違和感を抱えているのは明らかだった。第1セット冒頭のサービスゲームを落とし、すぐにブレークバックした… 続きを読む

秋山英宏Hidehiro Akiyama

2018/10/23

擁護と批判で炎上とまらず。セリーナ騒動の核心とは?~スポーツの「外側」へ延焼~

SCORE CARD

擁護と批判で炎上とまらず。
セリーナ騒動の核心とは?
~スポーツの「外側」へ延焼~

大坂なおみとの全米決勝でのセリーナ・ウィリアムズの言動が騒動になった。海外の報道はセリーナ擁護と批判に二分、国内のネット… 続きを読む

秋山英宏Hidehiro Akiyama

有料

2018/10/06

大坂なおみが戦い切った準優勝。4年前の錦織圭と同じ重圧に負けず。

テニスPRESS

大坂なおみが戦い切った準優勝。
4年前の錦織圭と同じ重圧に負けず。

東レパンパシフィックオープン決勝の終盤、疲れて肩を落とす大坂なおみの姿に、全米オープン準優勝のあと、極度の疲労と戦いなが… 続きを読む

秋山英宏Hidehiro Akiyama

2018/09/25

大坂なおみの冷静さに恐れ入る。20歳の女王が得た「負けにくさ」。

テニスPRESS

大坂なおみの冷静さに恐れ入る。
20歳の女王が得た「負けにくさ」。

グランドスラム女王の椅子がまだ体に慣れない大坂なおみにとって、真価が問われる試合が続く。初戦の2回戦で実力者ドミニカ・チ… 続きを読む

秋山英宏Hidehiro Akiyama

2018/09/22

大坂なおみ、100点満点の凱旋勝利。鬼門の「優勝直後」を悠々と突破。

テニスPRESS

大坂なおみ、100点満点の凱旋勝利。
鬼門の「優勝直後」を悠々と突破。

優勝した次の大会が難しいというのはテニス界の定説だ。特に四大大会は調子のピークをそこに合わせるため、次の大会まで心身のコ… 続きを読む

秋山英宏Hidehiro Akiyama

2018/09/20

大坂なおみが語っていたセリーナ観。「倒すのをためらうなんて失礼よ」

Sports Graphic Number More

大坂なおみが語っていたセリーナ観。
「倒すのをためらうなんて失礼よ」

「未来の女王候補」――16歳の時に出場したバンクオブザウェスト・クラシック(スタンフォード開催)で、19位のサマンサ・ストー… 続きを読む

内田暁Akatsuki Uchida

2018/09/11

大坂なおみの無垢さは最高の武器。「セリーナと抱き合ったら子供に」

テニスPRESS

大坂なおみの無垢さは最高の武器。
「セリーナと抱き合ったら子供に」

あんなに悲しそうなグランドスラム・チャンピオンを見たことはない。 続きを読む

山口奈緒美Naomi Yamaguchi

2018/09/10

大坂なおみ、セリーナ戦での品格。全米制覇は“Naomi Era”の幕開けに。

スポーツ・インテリジェンス原論

大坂なおみ、セリーナ戦での品格。
全米制覇は“Naomi Era”の幕開けに。

ブーイングと歓声が入り混じる、異様な全米オープン決勝だった。産休明けで優勝を期待された地元アメリカのセリーナ・ウィリアム… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

2018/09/09

『マリア・シャラポワ自伝』「テニスは好きでも嫌いでもない」“成功の金”を求めた女王の軌跡。

新刊ドラフト会議

『マリア・シャラポワ自伝』「テニスは好きでも嫌いでもない」“成功の金”を求めた女王の軌跡。

テニス選手の自伝というジャンルにおいては、アンドレ・アガシの『オープン』が最高峰だと思っている。スポーツ選手の人生には、… 続きを読む

フローラン・ダバディFlorent Dabadie

有料

2018/08/27

シャラポワの自伝が全方位に挑発的!「妖精」とは程遠いエゴと攻撃性。

スポーツ・インテリジェンス原論

シャラポワの自伝が全方位に挑発的!
「妖精」とは程遠いエゴと攻撃性。

テニス選手の自伝は、例外なく面白い。全員が例外なく「成り上がり」だからだ。それでも、『マリア・シャラポワ自伝』には唖然と… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

2018/06/29

日本がワールドグループ2部復帰!3カ国代表・大坂なおみのスケール感。

テニスPRESS

日本がワールドグループ2部復帰!
3カ国代表・大坂なおみのスケール感。

最寄り駅から徒歩40分という交通の便の悪いテニス施設……にもかかわらず、兵庫県三木市にあるブルボン・ビーンズドームに用意さ… 続きを読む

山口奈緒美Naomi Yamaguchi

2018/04/25

大坂なおみはハイチの誇りでもある。スポーツと国籍とアメリカンドリーム。

Overseas Report

大坂なおみはハイチの誇りでもある。
スポーツと国籍とアメリカンドリーム。

「ナオミ・オオサカを知ってる?」先日、空港まで利用した「Lyft(リフト、自動車配車サービス)」の運転手がハイチ出身だったの… 続きを読む

及川彩子Ayako Oikawa

2018/04/11

弟や妹の方がスポーツで大成する?テニス界での兄弟姉妹成功例を検証。

テニスPRESS

弟や妹の方がスポーツで大成する?
テニス界での兄弟姉妹成功例を検証。

「ズベレフが勝った!」私も含めて、多くのテニスファンがそのように言ってしまいがちだが、これではある1人の選手を忘れてしま… 続きを読む

今田望未Nozomi Imada

2018/04/11

相次ぐコーチ交代の成功例。大坂を覚醒させた指導とは?~物事をシンプルにする、という役割~

SCORE CARD

相次ぐコーチ交代の成功例。大坂を覚醒させた指導とは?~物事をシンプルにする、という役割~

大坂なおみが開花間近の選手であるのは明らかだったが、こんなに早く、しかも四大大会に次ぐ格付けのBNPパリバオープン優勝とい… 続きを読む

秋山英宏Hidehiro Akiyama

有料

2018/04/02

大坂なおみとサーシャ・バイン。初タイトルに敏腕コーチとの出会い。

テニスPRESS

大坂なおみとサーシャ・バイン。
初タイトルに敏腕コーチとの出会い。

出会うべくして出会ったのかもしれない。20歳になって迎えたシーズンでさらなる飛躍を胸に秘めた女と、自分の手で新たな世界女王… 続きを読む

吉谷剛Tsuyoshi Yoshitani

2018/03/21

1位から70位に落ち……そして優勝!全豪覇者ウォズニアッキと女傑列伝。

テニスPRESS

1位から70位に落ち……そして優勝!
全豪覇者ウォズニアッキと女傑列伝。

ちょうど1年前、すでに終わっていたはずのロジャー・フェデラーの時代を再び蘇らせた全豪オープンの舞台は、今年も新たな復活劇… 続きを読む

山口奈緒美Naomi Yamaguchi

2018/01/31

大坂なおみはなぜ世界で愛されるか。個性が薄れる女子テニス界の異端。

テニスPRESS

大坂なおみはなぜ世界で愛されるか。
個性が薄れる女子テニス界の異端。

2018年最初のグランドスラムの後半戦は、ニュースター不足である。8強の中にはグランドスラム決勝経験のない選手が3人いて、そこ… 続きを読む

山口奈緒美Naomi Yamaguchi

2018/01/24

大坂なおみの快進撃は'18年も続く。「ベイビー・セリーナは光栄よ」

Sports Graphic Number More

大坂なおみの快進撃は'18年も続く。
「ベイビー・セリーナは光栄よ」

後世になって振り返ったとき、2017年こそ、大坂なおみの快進撃が始まったと評価される1年になるのではないだろうか。 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

2018/01/17

“孤独なスポーツ”テニスとビッグデータの相性やいかに。~コートに立ったら1人、という哲学は過去のものか?~

SCORE CARD

“孤独なスポーツ”テニスとビッグデータの相性やいかに。~コートに立ったら1人、という哲学は過去のものか?~

先日、日本経済新聞電子版に「テニス界のビッグデータ革命」と題する興味深い記事が載った。女子テニスはスポーツ界でのIT(情報… 続きを読む

秋山英宏Hidehiro Akiyama

有料

2018/01/09

25歳の伊達公子から早21年……。あの時と今回、2つの引退の違いは?

テニスPRESS

25歳の伊達公子から早21年……。
あの時と今回、2つの引退の違いは?

先週、東京で開催されていた東レ・パンパシフィック・オープンは、カロライン・ウォズニアッキの連覇で幕を閉じた。ウォズニアッ… 続きを読む

山口奈緒美Naomi Yamaguchi

2017/09/26

ページトップ