RBライプツィヒ 

ハーランドに南野拓実、ファン・ヒチャン。翼をさずける“レッドブル産”注目銘柄。

欧州サッカーPRESS

ハーランドに南野拓実、ファン・ヒチャン。翼をさずける“レッドブル産”注目銘柄。

欧州のビッグクラブにとっても、今や「レッドブル」は安心のブランドだ。 続きを読む

三重野翔大Shodai Mieno

海外サッカー

2020/09/04

若き天才監督ナーゲルスマンの思考。CL準決勝でトゥヘルと運命の決戦。

欧州サッカーPRESS

若き天才監督ナーゲルスマンの思考。
CL準決勝でトゥヘルと運命の決戦。

28歳でホッフェンハイムの監督に就任したときには、誰からも懐疑的にみられていた。だが、当時から自信にあふれた立ち居振る舞い… 続きを読む

中野吉之伴Kichinosuke Nakano

海外サッカー

2020/08/18

異例CL、真夏のリスボン短期決戦。世情に沿った大波乱は連鎖するか。

球体とリズム

異例CL、真夏のリスボン短期決戦。
世情に沿った大波乱は連鎖するか。

過去4シーズンの優勝チームだけでなく、過去3シーズンの全ファイナリストがベスト8にひとつも残れなかったわけだ。世の中と同じ… 続きを読む

井川洋一Yoichi Igawa

海外サッカー

2020/08/12

コロナ禍“日本人追い出し騒動”の翻訳記事と、ドイツ在住記者の思い。

欧州サッカーPRESS

コロナ禍“日本人追い出し騒動”の
翻訳記事と、ドイツ在住記者の思い。

ドイツ・ブンデスリーガのRBライプツィヒで、観戦に訪れていた日本人観客の団体がスタジアムから追い出されたとされる一件を覚え… 続きを読む

中野吉之伴Kichinosuke Nakano

海外サッカー

2020/04/15

幼稚園児のようにボールを追う、ライプツィヒとラングニック哲学。

ブンデス・フットボール紀行

幼稚園児のようにボールを追う、
ライプツィヒとラングニック哲学。

2018-19シーズンのドイツ・ブンデスリーガが遂に開幕しました。今季も昨季と同じく金曜、土曜、日曜の分散開催。8月24日に王者バ… 続きを読む

島崎英純Hidezumi Shimazaki

海外サッカー

2018/09/07

牛の首投げ入れられてもCL出場!RBライプツィヒとレッドブルの蜜月。

ドイツサッカーの裏の裏……って表だ!

牛の首投げ入れられてもCL出場!
RBライプツィヒとレッドブルの蜜月。

首都ベルリンから南東へ約120キロ。チェコとポーランドの国境に接するザクセン州に属するライプツィヒは、旧東ドイツでは最大規… 続きを読む

遠藤孝輔Kosuke Endo

海外サッカー

2017/05/06

グアルディオラと180度異なる哲学。ラングニックの4-2-2-2を観て来た!

フットボール“新語録”

グアルディオラと180度異なる哲学。
ラングニックの4-2-2-2を観て来た!

「私たちは試合の展開に応じて、細かくシステムを変える。選手は勉強ができる必要はないが、頭の良さがプレーの邪魔にならないこ… 続きを読む

木崎伸也Shinya Kizaki

海外サッカー

2015/08/27

ドイツ2部で戦術革命が始まった!?ラングニック、衝撃の“4-2-2-2”。

フットボール“新語録”

ドイツ2部で戦術革命が始まった!?
ラングニック、衝撃の“4-2-2-2”。

「私が目指しているのは、なるべく高い位置でボールを奪い、瞬時に切り替え、なるべく速くゴールに迫るサッカーだ。相手に攻める… 続きを読む

木崎伸也Shinya Kizaki

海外サッカー

2015/07/29

ページトップ