高宇洋 

トゥーロン準優勝が日本に残すもの。「本気のブラジル」に挑んだ勇敢さ。

サッカー日本代表PRESS

トゥーロン準優勝が日本に残すもの。
「本気のブラジル」に挑んだ勇敢さ。

準決勝に次ぐPK戦。ピッチ上には緊張感が漂っていた。ブラジルが先に蹴り、日本が後に蹴る。ブラジルが5人目まで決め切って、迎… 続きを読む

林遼平Ryohei Hayashi

サッカー日本代表

2019/06/17

G大阪MF高「今さんに負けたくない」元市船10番が辿る守備職人の系譜。

JリーグPRESS

G大阪MF高「今さんに負けたくない」
元市船10番が辿る守備職人の系譜。

J1リーグ第5節、ジュニアユース時代までを川崎フロンターレで過ごした高宇洋にとって、等々力競技場は独特の感慨を感じさせる場… 続きを読む

下薗昌記Masaki Shimozono

Jリーグ

2019/03/29

必要なのは今野泰幸の“勝たせる力”。開幕戦を3度見返した高宇洋の誓い。

JリーグPRESS

必要なのは今野泰幸の“勝たせる力”。
開幕戦を3度見返した高宇洋の誓い。

ガンバ大阪と横浜Fマリノスがパナソニックスタジアム吹田で顔を合わせたJリーグの開幕戦。昨季の苦しい残留争いでの牽引力となり… 続きを読む

下薗昌記Masaki Shimozono

Jリーグ

2019/02/28

ガンバの逆襲は「簡単ちゃう」。今野と遠藤の後継者を今度こそ。

JリーグPRESS

ガンバの逆襲は「簡単ちゃう」。
今野と遠藤の後継者を今度こそ。

新たに招いたブラジル人監督による低迷と、火中の栗を拾う格好で急遽、監督に就任したクラブのOB。クラブ史上初のJ2降格という、… 続きを読む

下薗昌記Masaki Shimozono

Jリーグ

2019/01/05

市立船橋の武器は高校生らしくなさ。選手が自ら布陣を変える成熟度。

スポーツ百珍

市立船橋の武器は高校生らしくなさ。
選手が自ら布陣を変える成熟度。

「自分たちの強みは、安定して試合を進められることだと思っています」「いろんなパターン、相手を想定してやっています」「状況… 続きを読む

茂野聡士Satoshi Shigeno

高校サッカー

2016/12/30

東西の横綱と北の優勝候補で混戦に。高校サッカー選手権、最新情報と見所。

“ユース教授”のサッカージャーナル

東西の横綱と北の優勝候補で混戦に。
高校サッカー選手権、最新情報と見所。

今や夏の甲子園と並んで、高校スポーツの代名詞と言われる全国高校サッカー選手権大会。今年で95回目を迎えるこの大会の出場校、… 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

高校サッカー

2016/11/30

インハイは「就活ラストチャンス」。4人の3年生が見せたJ内定への執念。

“ユース教授”のサッカージャーナル

インハイは「就活ラストチャンス」。
4人の3年生が見せたJ内定への執念。

かつて、選手権は『就職活動の場』とされていたが、今その様相が濃いのはインターハイになっている。特に高2のインターハイは重… 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

高校サッカー

2016/08/17

インハイ決勝、市船が死闘を制す。攻勢の流経柏が感じた「怖さ」とは?

“ユース教授”のサッカージャーナル

インハイ決勝、市船が死闘を制す。
攻勢の流経柏が感じた「怖さ」とは?

市立船橋と流通経済大柏。千葉県のライバルであり、全国ナンバーワンのライバル関係にある2校が、トーナメントを勝ち上がり、決… 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

高校サッカー

2016/08/03

ページトップ