前橋育英高校 

欧州クラブに挑戦する18歳の光と影。渡邊凌磨、ブンデスでの今を語る。

“ユース教授”のサッカージャーナル

欧州クラブに挑戦する18歳の光と影。
渡邊凌磨、ブンデスでの今を語る。

2015年9月。18歳になるひとりの若者が並々ならぬ覚悟を持って日本を飛び出し、単身ドイツの地に降り立った。 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

海外サッカー

2017/02/28

来年度の高校サッカーの主役に!2年生有望株5人が語った将来図。

“ユース教授”のサッカージャーナル

来年度の高校サッカーの主役に!
2年生有望株5人が語った将来図。

青森山田の初優勝で幕を閉じた第95回全国高校サッカー選手権大会。この大会で輝いた2年生は数多くいた。その中で2017年はJリーグ… 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

Jリーグ

2017/01/19

守備戦術が発達した高校サッカー界。ストライカー不足の理由は何なのか?

“ユース教授”のサッカージャーナル

守備戦術が発達した高校サッカー界。
ストライカー不足の理由は何なのか?

ひと言で言うと、ストライカー不足の大会だった。市立船橋、桐光学園、東福岡がいい例で、「絶対的なストライカーがいれば……」… 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

Jリーグ

2017/01/14

三浦淳寛「名将は優れた心理学者」高校サッカー決勝の両監督を語る。

高校サッカーPRESS

三浦淳寛「名将は優れた心理学者」
高校サッカー決勝の両監督を語る。

22回目出場の青森山田と、20回目の前橋育英。高校サッカー界屈指の名将が率いる強豪校同士の対決となった選手権決勝は、青森山田… 続きを読む

松本宣昭Yoshiaki Matsumoto

高校サッカー

2017/01/12

5-0は大差か、勝負のアヤか。青森山田だけが持っていたもの。

“ユース教授”のサッカージャーナル

5-0は大差か、勝負のアヤか。
青森山田だけが持っていたもの。

2017年1月9日、第95回全国高校サッカー選手権大会決勝。埼玉スタジアムで栄冠に輝いたのは、青森県代表の青森山田高校だった。 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

高校サッカー

2017/01/10

打倒・青森山田は現れるのか?高校選手権4強、徹底プレビュー。

“ユース教授”のサッカージャーナル

打倒・青森山田は現れるのか?
高校選手権4強、徹底プレビュー。

第95回全国高校サッカー選手権大会もベスト4が出揃った。ベスト4に顔を揃えたのは、東海大仰星(大阪)、青森山田(青森)、佐野… 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

高校サッカー

2017/01/06

夏の甲子園、全代表校を観戦。ブラバン応援の“ベスト9”を発表!

甲子園の風

夏の甲子園、全代表校を観戦。
ブラバン応援の“ベスト9”を発表!

作新学院が54年ぶりの優勝を飾り、夏の終わりを告げた甲子園。アルプススタンドでは、今夏も数多くの名演奏が繰り広げられました… 続きを読む

梅津有希子Yukiko Umetsu

高校野球

2016/08/24

高校球界に150km右腕が新たに2人!島孝明と藤平尚真の“大物比べ”。

詳説日本野球研究

高校球界に150km右腕が新たに2人!
島孝明と藤平尚真の“大物比べ”。

前橋育英が初優勝した第68回春季関東大会の大きな特徴はストレートの最速が150キロを超える本格派右腕が2人出現したことだ。春の… 続きを読む

小関順二Junji Koseki

高校野球

2016/05/30

甲子園優勝を“後悔”した高橋光成。西武入り直前の言葉と「150km」。

マスクの窓から野球を見れば

甲子園優勝を“後悔”した高橋光成。
西武入り直前の言葉と「150km」。

正直、迷った。こんなドキッとすることを、こんなにサラッと口にされてしまっては。「あのタイミングで優勝してしまったこと、後… 続きを読む

安倍昌彦Masahiko Abe

プロ野球

2015/02/10

バラバラになる寸前だった星稜が、悲願の日本一を掴んだ要因とは?

スポーツ百珍

バラバラになる寸前だった星稜が、
悲願の日本一を掴んだ要因とは?

高校サッカー選手権のファイナルにはずれなし。トーナメント大会の決勝戦というと、お互いの負けたくない気持ちが強くなりすぎる… 続きを読む

茂野聡士Satoshi Shigeno

高校サッカー

2015/01/13

非伝統校も気を吐く、北関東の充実ぶり。~甲子園での活躍を生む理由~

SCORE CARD

非伝統校も気を吐く、北関東の充実ぶり。
~甲子園での活躍を生む理由~

高校野球の勢力図で最も顕著な変化といえば、“北関東の充実”が挙げられるだろう。昨年夏の甲子園大会で、前橋育英が群馬勢とし… 続きを読む

小関順二Junji Koseki

高校野球

有料

2014/06/21

“絶対エース”の時代の終焉?変わりつつある高校野球。~複数投手で戦うことの優位性~

SCORE CARD

“絶対エース”の時代の終焉?
変わりつつある高校野球。
~複数投手で戦うことの優位性~

前橋育英の優勝で幕を閉じた甲子園。マイ・ベストゲームは準々決勝の第3試合、前橋育英対常総学院だ。2点リードで迎えた9回裏、… 続きを読む

小関順二Junji Koseki

高校野球

有料

2013/09/06

夏連覇の名将に似た匂いを持つ31歳。延岡・重本監督の“入り込む”資質。

野ボール横丁

夏連覇の名将に似た匂いを持つ31歳。
延岡・重本監督の“入り込む”資質。

この夏、もっとも記憶に残った監督。それは、決勝に残ったということも当然あるのだが、やはり優勝監督である前橋育英の荒井直樹… 続きを読む

中村計Kei Nakamura

高校野球

2013/08/24

前橋育英と延岡学園の美しき決勝。両校が見せたクリーンファイトの爽快。

野球善哉

前橋育英と延岡学園の美しき決勝。
両校が見せたクリーンファイトの爽快。

「振ってくれ」と叫びそうだった。8月22日の決勝戦。9回裏、二死1、2塁、延岡学園の9番・奈須怜斗は、カウント1ボール2ストライ… 続きを読む

氏原英明Hideaki Ujihara

高校野球

2013/08/23

優勝を呼んだ前橋育英の「凡事徹底」。誰でもできること、誰よりも続けること。

野ボール横丁

優勝を呼んだ前橋育英の「凡事徹底」。
誰でもできること、誰よりも続けること。

前橋育英(群馬)の監督、荒井直樹は常に「平熱」の人だ。「監督のすごいと思うところは?」という質問に対し、一塁手の楠裕貴は… 続きを読む

中村計Kei Nakamura

高校野球

2013/08/22

優勝を目指すことと“つもり”の違い。日大山形・庄司を襲った「満足感」。

野ボール横丁

優勝を目指すことと“つもり”の違い。
日大山形・庄司を襲った「満足感」。

いつもと違った。準決勝で前橋育英に1-4で敗れた日大山形のエース庄司瑞は、こう言って首をかしげた。 続きを読む

中村計Kei Nakamura

高校野球

2013/08/21

4強に揃った顔ぶれが表す変化。高校野球の勢力図に何が起こった?

詳説日本野球研究

4強に揃った顔ぶれが表す変化。
高校野球の勢力図に何が起こった?

準決勝に進出した顔ぶれが、岩手(花巻東)、山形(日大山形)、群馬(前橋育英)、宮崎(延岡学園)という4校だったことが、今… 続きを読む

小関順二Junji Koseki

高校野球

2013/08/21

優勝候補が次々消え、ついに常総も。深紅の優勝旗は東北へと渡るのか?

野球善哉

優勝候補が次々消え、ついに常総も。
深紅の優勝旗は東北へと渡るのか?

まさかの展開だった。8月19日の準々決勝第3試合、常総学院(茨城)vs.前橋育英(群馬)は9回裏を迎えて、常総学院が2-0でリード… 続きを読む

氏原英明Hideaki Ujihara

高校野球

2013/08/20

168cmの体、130kmの直球で完封劇。“小さな巨人”樟南・山下の投球術。

野球善哉

168cmの体、130kmの直球で完封劇。
“小さな巨人”樟南・山下の投球術。

その身長差は「20センチ」。大会5日目第2試合で完封勝利を挙げた樟南(鹿児島)のエース・山下敦大は、同じ12日の第1試合で完封… 続きを読む

氏原英明Hideaki Ujihara

高校野球

2013/08/13

山本昌が憧れた先輩、甲子園初勝利。前橋育英・荒井監督の31年越しの夢。

野ボール横丁

山本昌が憧れた先輩、甲子園初勝利。
前橋育英・荒井監督の31年越しの夢。

真後ろから質問が飛ぶと首を180度回転させた。斜め後ろから話しかけられると一歩下がって横に並んだ。試合前の囲み取材のときの… 続きを読む

中村計Kei Nakamura

高校野球

2013/08/12

ページトップ