“ユース教授”のサッカージャーナルBACK NUMBER

高校サッカー選手権徹底プレビュー。
下馬評は4強だが……伏兵アリ!

posted2017/12/27 17:30

 
高校サッカー選手権徹底プレビュー。下馬評は4強だが……伏兵アリ!<Number Web> photograph by Takahito Ando

柏レイソルから青森山田へと移籍した中村。中途入学ながら、今ではチームの中心選手として存在感を示すようになった。

text by

安藤隆人

安藤隆人Takahito Ando

PROFILE

photograph by

Takahito Ando

 12月30日に開幕する第96回全国高校サッカー選手権大会。

 全国から48代表校が首都圏に集結し、トーナメント戦で覇権を争う真冬の風物詩だ。

 歴史と伝統ある高校選手権。今年はいったいどんなドラマが生まれるのだろうか――。

 まず優勝候補の筆頭に挙げられるのが、青森山田、流通経済大柏(千葉)、東福岡、前橋育英(群馬)の4強だ。

 この4強を挙げる根拠は2つある。

 1つはシンプルに実力。

 もう1つは今大会から選手交代枠が4枠から5枠に広がったことにより、ベンチ入りメンバーを含めた総合能力の高さが問われる大会となったから。すなわち「選手層の厚さ」が重要なポイントになるのだ。

前線の中村、郷家、田中が最強のトライアングルを作る。

 前回覇者の青森山田は昨年のメンバーがごっそりと抜けたが、個々の能力と組織力が全国トップレベルであることは間違いない。前年度王者として臨んだ高円宮杯プレミアリーグイーストでは3位でフィニッシュしたが、最終節まで優勝争いを演じるなど、その力は本物である。

 注目は前線の3枚。

 1トップには3月に柏レイソルU-18から「電撃加入」したFW中村駿太を置き、2シャドーにはU-18日本代表の郷家友太と抜群の決定力を誇る田中凌汰を配置。このトライアングルが攻撃の鍵を握っている。

「青森でイチから自分を見直したいと思った。ずっとレイソルの下部組織で育って、毎日同じ環境で過ごしていて。それは凄く楽しくて、自分を成長させてもらったのは間違いないのですが、ずっと高校サッカーに憧れていたし、高校最後の1年は環境を変えて鍛え直したかった」

 U-12時代から柏一筋だった中村が、こう決断して青森山田に編入したことは、大きな驚きだった。

【次ページ】 青森山田の中心選手の座を確固たるものにした中村。

1 2 3 4 5 6 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

青森山田高校
流通経済大柏高校
東福岡高校
前橋育英高校
中村駿太
郷家友太
田中凌汰
薄井覇斗
宮本優太
宮本泰晟
松田陸
渡邉泰基
守田怜司
大森真吾
木橋朋暉
緒方翔平
長崎総合科学大附属高校
昌平高校
大阪桐蔭高校
京都橘高校
米子北高校
山梨学院高校
富山第一高校
作陽高校
矢板中央高校
安藤瑞季

高校サッカーの前後のコラム

ページトップ