“ユース教授”のサッカージャーナルBACK NUMBER

前橋育英と流経柏の凄すぎる決勝戦。
高校サッカー離れした“戦術バトル”。

posted2018/01/09 12:00

 
前橋育英と流経柏の凄すぎる決勝戦。高校サッカー離れした“戦術バトル”。<Number Web> photograph by AFLO

熱戦に終止符を打った前橋育英・榎本の一撃。このフィナーレに至るまでの戦略は、高校生離れしたものだった。

text by

安藤隆人

安藤隆人Takahito Ando

PROFILE

photograph by

AFLO

 まさに“死闘”だった。

 第96回全国高校サッカー選手権大会決勝・前橋育英vs.流通経済大柏の一戦は、0-0で迎えた後半アディショナルタイム、延長戦突入かと思われた瞬間にピリオドが打たれた。

 90+2分、前橋育英のMF田部井涼がゴール前にロビングを入れると、FW榎本樹が反応してバックヘッドでゴール前に落とす。これに反応したFW飯島陸が反転シュートを放つと、流通経済大柏DF三本木達哉が身体を張ってブロックしたボールが、榎本の元に転がった。榎本は迷うことなく右足を振り抜き、強烈なシュートをゴールに突き刺した。

 土壇場で試合の均衡を崩すゴールが決勝弾となり、前橋育英が悲願の選手権初制覇を果たした。

 前橋育英と流通経済大柏。

 このファイナルは今年度の高校サッカー界において“頂上決戦”と言える一戦だった。

4度目の対戦、勝敗を左右した戦術的成熟度の差。

 昨年度の選手権ファイナリストと今年度のインターハイチャンピオン。

 強豪ひしめくプリンスリーグ関東の1位と2位。

 山田耕介と本田裕一郎の名将対決。

「お互い手の内は知りすぎている。何をやって来るかもイメージできるので、真っ向から戦いたい」

 前橋育英の山田耕介監督が語ったように、両チームは今年度、公式戦で3度対戦している。

 まずは4月22日のプリンス関東第3節。流通経済大柏のホームで行われた試合は、CB松田陸の2ゴール、MF五十嵐理人のゴールで、前橋育英が3-0で快勝。第2ラウンドはインターハイ準決勝で、CB関川郁万が圧巻の“V字ヘッド”を叩き込み、流通経済大柏が1-0で勝利した。そして第3ラウンドはプリンス関東第12節。2点を先攻した前橋育英に対し、流通経済大柏は1点を返すも、MF田部井涼が3点目を決めて勝負あり。関川が1点を返したものの3-2で前橋育英が2勝1敗と勝ち越した。

 そして迎えた4度目の対戦。この戦いの勝敗を左右したのは、戦術的成熟度の差だった。

【次ページ】 得点王・飯島に対して流経柏・三本木がマンマーク。

1 2 3 4 5 NEXT
前橋育英高校
流通経済大柏高校
榎本樹
飯島陸
三本木達哉
関川郁万
山田耕介
本田裕一郎

高校サッカーの前後のコラム

ページトップ