著者プロフィール 

飯尾篤史Atsushi Iio

東京都生まれ。明治大学を卒業後、編集プロダクションを経て、日本スポーツ企画出版社に入社し、「週刊サッカーダイジェスト」編集部に配属。2012年からフリーランスに転身。著書に『黄金の1年 一流Jリーガー19人が明かす分岐点』(ソル・メディア)、『残心 Jリーガー中村憲剛の挑戦と挫折の1700日』(講談社)、構成として岡崎慎司『未到 奇跡の一年』(KKベストセラーズ)などがある。

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • blog
CBにオーバーエイジ枠は使わせない!岩波、植田、奈良の三つ巴の行方は。

Jをめぐる冒険

CBにオーバーエイジ枠は使わせない!
岩波、植田、奈良の三つ巴の行方は。

センターバックにはオーバーエイジは必要ない――そんな心の中の叫びが聞こえてくるようだった。 続きを読む

飯尾篤史Atsushi Iio

Jリーグ

2016/04/17

風間体制5年目でついに化けた!?川崎フロンターレ、快進撃の秘密。

Jをめぐる冒険

風間体制5年目でついに化けた!?
川崎フロンターレ、快進撃の秘密。

最後に首位に立ったのは2009年だったから、実に7シーズンぶりのことになる。J1ファーストステージ第3節を終えた時点で2勝1分の勝… 続きを読む

飯尾篤史Atsushi Iio

Jリーグ

2016/03/16

<レジェンドから五輪世代へ>石川直宏×中島翔哉「今季こそピッチ上で優勝を味わいたい」

Sports Graphic Number Special

<レジェンドから五輪世代へ>
石川直宏×中島翔哉「今季こそピッチ上で優勝を味わいたい」

アジア最終予選の舞台で躍動したU-23の新エースと、FC東京を長年支え続けているチームの大黒柱。確かな自信と経験を胸に、2人が… 続きを読む

飯尾篤史Atsushi Iio

Jリーグ

有料

2016/03/15

G大阪と広島、今年の狙いは「中央」。サイド攻撃巧者の両クラブが進化中。

Jをめぐる冒険

G大阪と広島、今年の狙いは「中央」。
サイド攻撃巧者の両クラブが進化中。

シーズンの幕開けを告げる富士ゼロックススーパーカップは、昨季のJ1王者サンフレッチェ広島が天皇杯覇者のガンバ大阪を3-1で下… 続きを読む

飯尾篤史Atsushi Iio

Jリーグ

2016/02/22

9得点よりもスタイルの片鱗が衝撃!城福体制のFC東京が覆した懐疑論。

Jをめぐる冒険

9得点よりもスタイルの片鱗が衝撃!
城福体制のFC東京が覆した懐疑論。

ややこわばって見えた表情が時間の経過とともに少しずつほぐれていく。終盤に河野広貴がゴールを決めたとき、そして途中交代した… 続きを読む

飯尾篤史Atsushi Iio

Jリーグ

2016/02/10

中島翔哉は何故「まじめ」に?サッカー小僧を変えた'14年の出来事。

Jをめぐる冒険

中島翔哉は何故「まじめ」に?
サッカー小僧を変えた'14年の出来事。

リオ五輪アジア最終予選、延長までもつれ込んだイランとの激戦を3-0で制し、オリンピックへの出場権獲得に王手をかけた、準々決… 続きを読む

飯尾篤史Atsushi Iio

サッカー日本代表

2016/02/07

フロンターレ史上初の日本人10番。大島僚太が五輪とJの総取りを狙う。

Jをめぐる冒険

フロンターレ史上初の日本人10番。
大島僚太が五輪とJの総取りを狙う。

1月17日に洗足学園音楽大学「前田ホール」で行なわれた川崎フロンターレの新体制発表会。招待された約1000人のサポーターが固唾… 続きを読む

飯尾篤史Atsushi Iio

サッカー日本代表

2016/01/22

J3へのセカンドチーム参戦を考える。育成ルート多様化と、ベテラン問題。

Jをめぐる冒険

J3へのセカンドチーム参戦を考える。
育成ルート多様化と、ベテラン問題。

セカンドチームの指揮を任された新人監督が1年後、トップチームの指揮官に抜擢され、セカンドチームでその新人監督に1年間みっち… 続きを読む

飯尾篤史Atsushi Iio

Jリーグ

2015/12/30

“美味しい時間”を譲っての12ゴール。34先発で33回途中交代した佐藤寿人。

Jをめぐる冒険

“美味しい時間”を譲っての12ゴール。
34先発で33回途中交代した佐藤寿人。

総合力の勝利――。ガンバ大阪とのJリーグ・チャンピオンシップ決勝を制したサンフレッチェ広島の優勝は、こんな風に称えること… 続きを読む

飯尾篤史Atsushi Iio

Jリーグ

2015/12/08

福岡にあり、C大阪になかったもの。J1昇格は「拠りどころ」のある者に。

Jをめぐる冒険

福岡にあり、C大阪になかったもの。
J1昇格は「拠りどころ」のある者に。

J1昇格プレーオフ決勝は、両チームにとって良くも悪くも今シーズンの集大成となるゲームになった。 続きを読む

飯尾篤史Atsushi Iio

Jリーグ

2015/12/07

今野泰幸と森崎和幸の“天国と地獄”。CSは冷静さが問われる特別な場所だ。

Jをめぐる冒険

今野泰幸と森崎和幸の“天国と地獄”。
CSは冷静さが問われる特別な場所だ。

普通なら起こらないようなミスが、ふたつも起きた。犯したのは、経験の浅い若手選手ではなく、酸いも甘いも噛み分けたふたりのベ… 続きを読む

飯尾篤史Atsushi Iio

Jリーグ

2015/12/03

アビスパは過去の3位とここが違う!井原監督と選手の“共通意識”とは。

Jをめぐる冒険

アビスパは過去の3位とここが違う!
井原監督と選手の“共通意識”とは。

J2の3位~6位のチームによって争われ、'12年に創設されたJ1昇格プレーオフ。 続きを読む

飯尾篤史Atsushi Iio

Jリーグ

2015/11/30

浦和と川崎の“ミラーマッチ”分析。似てるのは形だけ、似てないものは?

Jをめぐる冒険

浦和と川崎の“ミラーマッチ”分析。
似てるのは形だけ、似てないものは?

鏡のようで、実は違う――。11月7日のJ1セカンドステージ16節、1-1のドローに終わった浦和レッズ対川崎フロンターレ戦は、そん… 続きを読む

飯尾篤史Atsushi Iio

Jリーグ

2015/11/11

何度でも甦る鹿島、ナビスコ杯優勝。2年間の世代交代が実り、黄金期へ。

Jをめぐる冒険

何度でも甦る鹿島、ナビスコ杯優勝。
2年間の世代交代が実り、黄金期へ。

キャプテンの小笠原満男が貴賓席の前で優勝カップを掲げ、ゴール裏を真紅に染めたサポーターが咆哮する――。まるでデジャヴのよ… 続きを読む

飯尾篤史Atsushi Iio

Jリーグ

2015/11/02

J1初残留達成の湘南・曹監督の哲学。目先の結果より、成長を志した末に。

Jをめぐる冒険

J1初残留達成の湘南・曹監督の哲学。
目先の結果より、成長を志した末に。

ペンを握る手に思わず力が入ったのは、10月17日のFC東京対湘南ベルマーレ戦、終盤でのことだった。 続きを読む

飯尾篤史Atsushi Iio

Jリーグ

2015/10/22

U-22選抜に五輪予選チームが集結。J3町田に完敗した、有意義な経験。

Jをめぐる冒険

U-22選抜に五輪予選チームが集結。
J3町田に完敗した、有意義な経験。

シルバーウイーク最終日の9月23日に行なわれたJ3・30節。2位の町田ゼルビアと12位のJリーグ・U-22選抜のカードがいつも以上の観… 続きを読む

飯尾篤史Atsushi Iio

Jリーグ

2015/09/26

生まれ変わったFC東京の“正念場”。「万年中位」か、真の強豪となるか。

Jをめぐる冒険

生まれ変わったFC東京の“正念場”。
「万年中位」か、真の強豪となるか。

FC東京が正念場を迎えている。そう言うと、J2降格の危機にでも瀕しているかのようだが、そんなことはない。それどころか第1ステ… 続きを読む

飯尾篤史Atsushi Iio

Jリーグ

2015/09/18

フィジカル、運動量、タフ、デュエル。遠藤航が“真のA代表”に約束の選出。

Jをめぐる冒険

フィジカル、運動量、タフ、デュエル。
遠藤航が“真のA代表”に約束の選出。

フィリップ・ラームといえば、言わずと知れたドイツの名門、バイエルン・ミュンヘンのキャプテンだ。'10年、'14年のワールドカッ… 続きを読む

飯尾篤史Atsushi Iio

サッカー日本代表

2015/09/02

鹿島・石井監督の会見で起きた拍手。“ジーコ・スピリット”は再び宿るか。

Jをめぐる冒険

鹿島・石井監督の会見で起きた拍手。
“ジーコ・スピリット”は再び宿るか。

カップ戦ならともかく、リーグ戦でこれほど拍手が起こるのも珍しい。鹿島アントラーズの新指揮官、石井正忠監督の記者会見のこと… 続きを読む

飯尾篤史Atsushi Iio

Jリーグ

2015/07/29

Jでついに芽を出し始めたU-22世代。前田、浅野、喜田に続くのは誰か。

Jをめぐる冒険

Jでついに芽を出し始めたU-22世代。
前田、浅野、喜田に続くのは誰か。

2015シーズンも気がつけばもう折り返し地点。7月8日の水曜日にはJ2の後半戦が、11日の土曜日にはJ1の第2ステージがスタートする… 続きを読む

飯尾篤史Atsushi Iio

Jリーグ

2015/07/07

ページトップ