Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[攻撃の核に迫る]鎌田大地は世界の手のひらを返せるか

posted2022/11/17 07:00

 
[攻撃の核に迫る]鎌田大地は世界の手のひらを返せるか<Number Web> photograph by Daisuke Nakashima

text by

飯尾篤史

飯尾篤史Atsushi Iio

PROFILE

photograph by

Daisuke Nakashima

今や代表の攻撃陣を牽引するキーマンである。日本人初のCLでの3試合連続ゴールは、世界に通ずる実力の証明だ。サッカー人生で低評価を覆し続けてきた男の出番がやってきた。

 11月1日に行われたチャンピオンズリーグのグループステージ最終節でスポルティングを下し、フランクフルトのベスト16進出に貢献した直後、鎌田大地の体は悲鳴をあげた。

「突然、高熱が出て、寝たきりの状態になってしまって……」

 心身が限界に達したのも当然のことだろう。ここ2カ月というもの、CLとブンデスリーガの試合を中2日、3日の間隔で繰り返しながらほぼ全試合で先発し、自らのゴールでチームを牽引してきたのだから。

「毎年、『今シーズンは大事になる』と言ってるんですけど、今年は特に自分の価値を高められる大きな舞台が多い。そこで活躍するかどうかによって、夢に辿り着けるかが明確に分かる年だと思っていて。なので、今年はこれまで以上に数字を残したいと思っていた。まずは自分が一番の目標にしていたCLベスト16を達成できて、ホッとして疲れが出たんだと思います」

 ビッグクラブでレギュラーになり、CL優勝を目指す――。

 それが自身の夢だと、鎌田は公言してきた。そして、「自分の価値を高められる大きな舞台」とは、言うまでもなくCLとW杯のことだ。

 カタールW杯は欧州のシーズン中となる冬に開催されるため、各国リーグは今季、過密日程を強いられている。特にCL、EL(ヨーロッパリーグ)に出場するチームはメンバーを入れ替えながら試合をこなしているが、グラスナー監督としては鎌田を簡単には休ませられない理由があった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 4463文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

鎌田大地
フランクフルト
カタールW杯
ワールドカップ
欧州チャンピオンズリーグ

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ