著者プロフィール 

カナ一覧
組織別
カタカナ検索  

鈴木忠平Tadahira Suzuki

1977年生まれ。愛知県立熱田高校、名古屋外国語大学を卒業後、日刊スポーツ新聞社、Number編集部を経てフリーに。著書に『清原和博への告白 甲子園13本塁打の真実』。『清原和博 告白』の取材・構成を担当。

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • blog
<現役最終戦に秘めた思い(6)>久保田智之「最後は打たれて辞めたかった」

ラストマッチ

<現役最終戦に秘めた思い(6)>
久保田智之「最後は打たれて辞めたかった」

2005年、阪神リーグ優勝の原動力となったリリーフトリオ「JFK」。その一角を担った“投げ過ぎた”投手が抱いた「悔い」の真意と… 続きを読む

鈴木忠平Tadahira Suzuki

プロ野球

有料

2020/11/18

ダルビッシュ有「羽曳野の河川敷から」~メジャーリーガーの原点探訪~

Sports Graphic Number Special

ダルビッシュ有「羽曳野の河川敷から」~メジャーリーガーの原点探訪~

市内を流れる石川沿いの小さなグラウンド。決して広くはない球場から、一人の投手がアメリカへ羽ばたいた。今や世界にその名を轟… 続きを読む

鈴木忠平Tadahira Suzuki

MLB

有料

2020/11/13

【秘話】ダルビッシュをマカべッシュが語る 東北高校野球部が1つになる日

Number Web More

【秘話】ダルビッシュをマカべッシュが語る 東北高校野球部が1つになる日

師走の喧騒もすっかり落ちつく12月30日。毎年この日になると仙台市内の繁華街に、あの頃、甲子園を沸かせたメンバーが顔をそろえ… 続きを読む

鈴木忠平Tadahira Suzuki

高校野球

2020/11/12

<現役最終戦に秘めた思い(5)>室伏広治「父がいたから孤独じゃなかった」

ラストマッチ

<現役最終戦に秘めた思い(5)>
室伏広治「父がいたから孤独じゃなかった」

偉大なる父を師と仰ぎ、ハンマー投でアジア人史上初の五輪金メダリストに輝いたレジェンドが最後の投擲に懸けた思いとは。 続きを読む

鈴木忠平Tadahira Suzuki

陸上

有料

2020/11/04

<現役最終戦に秘めた思い(4)>岡崎朋美「娘がいたから笑顔でサヨナラ」

ラストマッチ

<現役最終戦に秘めた思い(4)>
岡崎朋美「娘がいたから笑顔でサヨナラ」

長野五輪で“朋美スマイル”を見せたヒロインは15年後、以前とは全く違うモチベーションで、五輪6大会連続出場に挑んだ。子供を… 続きを読む

鈴木忠平Tadahira Suzuki

スピードスケート

有料

2020/10/21

<現役最終戦に秘めた思い(3)>野口みずき「感謝を伝えておかなければ」

ラストマッチ

<現役最終戦に秘めた思い(3)>
野口みずき「感謝を伝えておかなければ」

酷暑のアテネを駆け抜け、一番の笑顔を見せたランナーは12年後の春、名古屋の地で号砲を待っていた。彼女にとって最後の42.195km… 続きを読む

鈴木忠平Tadahira Suzuki

マラソン

有料

2020/10/07

<現役最終戦に秘めた思い(2)>野村忠宏「わかっているのに体は動かなかった」

ラストマッチ

<現役最終戦に秘めた思い(2)>
野村忠宏「わかっているのに体は動かなかった」

'04年の五輪3連覇から11年後の夏。40歳の小さな巨人は、決断を下し宣言する。「現役最後の勝負、精一杯戦います」。五輪なき戦い… 続きを読む

鈴木忠平Tadahira Suzuki

柔道

有料

2020/09/16

<現役最終戦に秘めた思い(1)>北島康介「最後の死にっぷりがはっきり分かった」

ラストマッチ

<現役最終戦に秘めた思い(1)>
北島康介「最後の死にっぷりがはっきり分かった」

東京湾に臨む辰巳国際水泳場のプールには異様な緊迫感が漂っていた。リオデジャネイロ五輪の選考会である日本選手権は5日目、最… 続きを読む

鈴木忠平Tadahira Suzuki

競泳

有料

2020/09/02

<AK砲が明かす真剣勝負の舞台裏>清原和博&秋山幸二「2分の1のスリルと100%の純情」

Sports Graphic Number Special

<AK砲が明かす真剣勝負の舞台裏>
清原和博&秋山幸二
「2分の1のスリルと100%の純情」

西陽に照らされた藤井寺球場は、いつもより空席が目立たなかった。1990年4月10日、平日の夕刻から駆けつけた人々の目当ては、こ… 続きを読む

鈴木忠平Tadahira Suzuki

プロ野球

有料

2020/08/31

<オリンピック4位という人生(終)>リオ五輪 7人制ラグビー桑水流裕策

オリンピック4位という人生

<オリンピック4位という人生(終)>
リオ五輪 7人制ラグビー桑水流裕策

2020年3月24日、桑水流(くわずる)裕策は東京五輪延期が決まったというニュースを自宅のテレビで見た。すでに予想はしていたが… 続きを読む

鈴木忠平Tadahira Suzuki

ラグビー日本代表

2020/08/30

<巻頭インタビュー>野茂英雄「僕がブレずに貫いてきたもの」

Sports Graphic Number Special

<巻頭インタビュー>
野茂英雄「僕がブレずに貫いてきたもの」

「体が元に戻れば、現役に戻りたいですよ」と野茂さんは言った。あはは、ご冗談を、と笑う空気にはならなかった。「引退してから… 続きを読む

鈴木忠平Tadahira Suzuki

MLB

有料

2020/08/20

<オリンピック4位という人生(15)>ロンドン五輪 柔道・福見友子

オリンピック4位という人生

<オリンピック4位という人生(15)>
ロンドン五輪 柔道・福見友子

福見友子が初めてオリンピックの舞台に立ったのは、2012年7月28日のことだった。あの田村亮子に勝ってから10年が経っていた。 続きを読む

鈴木忠平Tadahira Suzuki

柔道

2020/08/16

清原和博、伝説の決勝を再び見る。「神様がお膳立てしたんだなって」

Sports Graphic Number More

清原和博、伝説の決勝を再び見る。
「神様がお膳立てしたんだなって」

「ああ、これは神様がお膳立てしたんだなって。僕はネクストサークルにいて、松山を見た時から、絶対に打つって思ったんです。清… 続きを読む

鈴木忠平Tadahira Suzuki

高校野球

2020/08/08

<オリンピック4位という人生(14)>ロンドン五輪 サッカー・徳永悠平

オリンピック4位という人生

<オリンピック4位という人生(14)>
ロンドン五輪 サッカー・徳永悠平

あの日、自分たちには他に何かできることがあったのだろうか。徳永悠平には今もそう問い続けるゲームがある。 続きを読む

鈴木忠平Tadahira Suzuki

サッカー日本代表

2020/08/02

<オリンピック4位という人生(13)>北京五輪 バド女子スエマエペア

オリンピック4位という人生

<オリンピック4位という人生(13)>
北京五輪 バド女子スエマエペア

挑戦者たる日本の末綱聡子と前田美順のペアには成す術がないようだった。淡々とした空気の中、第2ゲームに向けて選手たちがコー… 続きを読む

鈴木忠平Tadahira Suzuki

バドミントン

2020/07/19

<オリンピック4位という人生(12)>北京五輪 女子卓球・福岡春菜

オリンピック4位という人生

<オリンピック4位という人生(12)>
北京五輪 女子卓球・福岡春菜

福岡春菜にとってオリンピックの記憶は長らくプレーそのものではなく、敗れた瞬間の自分の心模様だった。 続きを読む

鈴木忠平Tadahira Suzuki

卓球日本代表

2020/07/05

パ・リーグ人気の運営裏側に迫る。「勝敗の外にあるものに価値を」

One story of the field

パ・リーグ人気の運営裏側に迫る。
「勝敗の外にあるものに価値を」

「私は静岡の生まれなんですが、家ではいつも祖父が巨人戦を見ていました。おそらく中継がそれしかなかったのかもしれません。私… 続きを読む

鈴木忠平Tadahira Suzuki

プロ野球

2020/07/01

「人気のセ、実力のパ」からの挑戦。プロ野球ビジネスが迎える新時代。

One story of the field

「人気のセ、実力のパ」からの挑戦。
プロ野球ビジネスが迎える新時代。

「子供の頃、実家のテレビではいつも祖父の見るプロ野球中継が流れていました。いつも巨人戦でした。おかげで、原(辰徳)さん、… 続きを読む

鈴木忠平Tadahira Suzuki

プロ野球

2020/07/01

野球とともに生きるあるトレーナーの、絶望と希望に揺れたコロナ禍の3カ月。

スポーツはどこへ行く

野球とともに生きるあるトレーナーの、
絶望と希望に揺れたコロナ禍の3カ月。

「本当は二軍と一軍の間にいるような選手も診てあげたいんです。でも、チームとしては毎日試合にでるレギュラーを優先に、1時間… 続きを読む

鈴木忠平Tadahira Suzuki

プロ野球

2020/06/29

<オールラウンダーの告白>秋山幸二「メジャーの結果を日々チェックしていた」

Sports Graphic Number Special

<オールラウンダーの告白>
秋山幸二「メジャーの結果を日々チェックしていた」

走攻守にずば抜けた能力を持ち、黄金期のクリーンアップを支え続けた。「メジャーに最も近い」と言われた男が、AKD砲やバック宙… 続きを読む

鈴木忠平Tadahira Suzuki

プロ野球

有料

2020/06/25

1 2 3 4 5 9 NEXT >>
『清原和博への告白 甲子園13本塁打の真実』

「Amazon」で購入

文春文庫

『清原和博への告白 甲子園13本塁打の真実』

PL学園時代の清原和博が甲子園で放った通算13本塁打は、今後破られることがないであろう不滅の記録だろう。この13本は、ただの記録として残っているわけではない。甲子園の怪物に出会い、打たれた球児たちは、あの瞬間の”記憶”とともに、その後の歳月を歩んできた――。

<本体600円+税/鈴木忠平・著>

書籍紹介ページへ(文藝春秋BOOKS)

ページトップ