田村修一 関連コラム

著者プロフィール 

田村修一Shuichi Tamura

1958年千葉県生まれ。早稲田大学大学院経済学研究科中退(フランス経済史専攻)。'91年よりサッカー取材を開始。ヨーロッパで最も権威のあるサッカー雑誌『France Football』にも寄稿。著書に『山本昌邦 勝って泣く』『オシム 勝つ日本』(小社刊)など。フランスとワインとブレイク(昼寝)をこよなく愛するフットボールアナリスト。日本のジャーナリストで唯一バロンドールの投票権を持つ。

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • blog
ハリルホジッチのEURO決勝T談義。「今大会にビッグチームはいない」

欧州サッカーPRESS

ハリルホジッチのEURO決勝T談義。
「今大会にビッグチームはいない」

EURO2016のラウンド16にはとても強い印象を受けた。大きな驚きがたくさんあったからだ。 続きを読む

田村修一Shuichi Tamura

海外サッカー

2016/06/30

ハリルホジッチが語るEURO展望。「クロアチアは今や優勝候補だ」

欧州サッカーPRESS

ハリルホジッチが語るEURO展望。
「クロアチアは今や優勝候補だ」

EURO2016のグループステージが終了し、大会のここまでをふり返ったときに、プレーのクオリティに関しては見るべきものはさほどな… 続きを読む

田村修一Shuichi Tamura

海外サッカー

2016/06/24

1位通過も、内容は期待から程遠い。フランスのEUROグループリーグ総括。

ワインとシエスタとフットボールと

1位通過も、内容は期待から程遠い。
フランスのEUROグループリーグ総括。

フランス代表が、EURO2016のグループリーグ1位通過を果たした。予想通りの結果とはいえ、内容は期待からは程遠い。初戦のルーマ… 続きを読む

田村修一Shuichi Tamura

海外サッカー

2016/06/23

オシムが語る、EL&CL決勝への思い。欧州最新事情にモウリーニョの影が。

ワインとシエスタとフットボールと

オシムが語る、EL&CL決勝への思い。
欧州最新事情にモウリーニョの影が。

5月18日におこなわれたヨーロッパリーグ決勝は素晴らしい試合だった。誰もが望んだ通りの好ゲームであり、サッカーの面白さ・素… 続きを読む

田村修一Shuichi Tamura

海外サッカー

2016/05/27

イビチャ・オシムが語るEURO2016。「大国の勢力図は書き換えられるのか」

Sports Graphic Number

イビチャ・オシムが語るEURO2016。
「大国の勢力図は書き換えられるのか」

6月10日に開幕するEURO2016は、EURO史上最高の大会になると私は思っている。 続きを読む

田村修一Shuichi Tamura

海外サッカー

2016/05/26

ハリルホジッチ、クラシコを語る。「バルサのMSNは仲がいいから強い」

欧州サッカーPRESS

ハリルホジッチ、クラシコを語る。
「バルサのMSNは仲がいいから強い」

ロシアW杯2次予選の最終戦、シリアに5-0で快勝した翌日、ハリルホジッチ監督は、スペインのバルセロナに飛び立った。 続きを読む

田村修一Shuichi Tamura

海外サッカー

2016/04/01

サッカーの世界地図を変えたい米国。注目のFIFA会長選挙とFBIの動き。

ワインとシエスタとフットボールと

サッカーの世界地図を変えたい米国。
注目のFIFA会長選挙とFBIの動き。

FIFAスキャンダルは、FIFA会長選挙を2日後に控えた2015年5月27日、アメリカ司法省がFIFA本部のあるチューリッヒとCONCACAF(中北… 続きを読む

田村修一Shuichi Tamura

海外サッカー

2016/02/26

ブラッターFIFA会長の野望と屈辱。プラティニはなぜ彼を裏切ったのか?

ワインとシエスタとフットボールと

ブラッターFIFA会長の野望と屈辱。
プラティニはなぜ彼を裏切ったのか?

昨年5月に発覚したFIFAの汚職スキャンダル。ウォーターゲート事件にちなんで“FIFAゲート”とも呼ばれるこの事件について、田村… 続きを読む

田村修一Shuichi Tamura

海外サッカー

2016/02/24

プラティニは罠にはまったのか……。欧州に渦巻く陰謀とFIFA不正疑惑。

ワインとシエスタとフットボールと

プラティニは罠にはまったのか……。
欧州に渦巻く陰謀とFIFA不正疑惑。

2015年5月に発覚したFIFAの汚職スキャンダル。ウォーターゲート事件にちなんで“FIFAゲート”とも呼ばれる、この世界のサッカー… 続きを読む

田村修一Shuichi Tamura

海外サッカー

2016/02/19

フランスが抱えるテロ対策の難しさ。現地スポーツ誌記者が解説する背景。

ワインとシエスタとフットボールと

フランスが抱えるテロ対策の難しさ。
現地スポーツ誌記者が解説する背景。

――フランスがイスラム国の標的にされた理由は何だったのか? 続きを読む

田村修一Shuichi Tamura

海外サッカー

2015/11/25

スタジアムで、あの時何があったのか?パリのテロをスポーツ誌記者が語る。

ワインとシエスタとフットボールと

スタジアムで、あの時何があったのか?
パリのテロをスポーツ誌記者が語る。

どうも皆さん、ご無沙汰しています。この11月13日にパリで起こった同時多発テロは、フランス全土を震撼させました。事件から数日… 続きを読む

田村修一Shuichi Tamura

海外サッカー

2015/11/24

<指揮官ハリルホジッチが英雄になった瞬間>アルジェリアの奇跡はいかにして起こったのか。

Sports Graphic Number Special

<指揮官ハリルホジッチが英雄になった瞬間>
アルジェリアの奇跡はいかにして起こったのか。

史上初のW杯決勝トーナメント進出。ベスト8を懸け、王者ドイツと死闘を演じた。就任当初、どん底にあったチームに規律と勇気を与… 続きを読む

田村修一Shuichi Tamura

サッカー日本代表

有料

2015/06/14

オシムがハリルJに口を閉ざす理由。メディア不信と、両者の微妙な関係。

ワインとシエスタとフットボールと

オシムがハリルJに口を閉ざす理由。
メディア不信と、両者の微妙な関係。

「OK、それがどうかしたか?」今から3週間ほど前、次期日本代表監督としてヴァイッド・ハリルホジッチが理事会に推薦されたこと… 続きを読む

田村修一Shuichi Tamura

サッカー日本代表

2015/03/26

<新指揮官の哲学>ハリルホジッチ「W杯で求められるのは、リアリズムだ」

Sports Graphic Number Special

<新指揮官の哲学>
ハリルホジッチ
「W杯で求められるのは、リアリズムだ」

急転直下で決まった日本代表新監督は何者なのか?アルジェリアをブラジルW杯でベスト16に導いた手腕と大会前後に明かした本音か… 続きを読む

田村修一/レミー・ラコンブShuichi Tamura/Remy Lacombe

サッカー日本代表

有料

2015/03/19

<FIFAバロンドール受賞インタビュー> クリスティアーノ・ロナウド 「与えるものにこそ、与えられる」

Sports Graphic Number Special

<FIFAバロンドール受賞インタビュー>
クリスティアーノ・ロナウド
「与えるものにこそ、与えられる」

2年連続3度目となったバロンドールの受賞。昨年の涙とは異なり、今季は余裕すら感じさせた。30代を迎えて、クラブでも代表でも大… 続きを読む

田村修一Shuichi Tamura

海外サッカー

有料

2015/02/13

<レジェンドが語るクラシコ> ティエリー・アンリ 「レアルへの勝利は無限の力を与えてくれる」

Sports Graphic Number

<レジェンドが語るクラシコ> ティエリー・アンリ 「レアルへの勝利は無限の力を与えてくれる」

エル・クラシコ――。過去、幾度となく名勝負を繰り広げてきたスペインの二大ビッグクラブ、レアル・マドリーとバルセロナの宿命… 続きを読む

田村修一Shuichi Tamura

海外サッカー

2014/10/24

攻撃、守備、そしてサッカー観――。アギーレと日本の間にある“乖離”。

ワインとシエスタとフットボールと

攻撃、守備、そしてサッカー観――。
アギーレと日本の間にある“乖離”。

試合前にメンバー表を見て驚いた。アギーレは、戦う前から敗戦の言い訳を用意した。もしウルグアイかベネズエラに勝っていたら、… 続きを読む

田村修一Shuichi Tamura

サッカー日本代表

2014/10/16

<フランス人記者が明かす> ハメスを覚醒させたモナコでの400日。

Sports Graphic Number

<フランス人記者が明かす> ハメスを覚醒させたモナコでの400日。

トントン拍子で銀河系軍団の仲間入りを果たした若人の、大きな飛躍のカギは昨シーズンの成長にあった。輝ける10番がフランスでの… 続きを読む

田村修一Shuichi Tamura

海外サッカー

2014/08/28

ベンゼマ、1222分の無得点を超えて。「デシャンとならどこまでも行ける」

ワインとシエスタとフットボールと

ベンゼマ、1222分の無得点を超えて。
「デシャンとならどこまでも行ける」

――'12年6月のエストニア戦から13年10月のオーストラリア戦まで、15試合で通算1222分間無得点という不名誉な記録を樹立している… 続きを読む

田村修一Shuichi Tamura

海外サッカー

2014/06/24

フランスの好調を牽引するベンゼマが、W杯開幕前に語っていた自身の歩み。

ワインとシエスタとフットボールと

フランスの好調を牽引するベンゼマが、
W杯開幕前に語っていた自身の歩み。

これからお届けするのは、6月15日のホンジュラス戦で2ゴールを決めたカリム・ベンゼマのインタビューである。フランク・リベリー… 続きを読む

田村修一Shuichi Tamura

海外サッカー

2014/06/23

ページトップ