著者プロフィール 

田村修一Shuichi Tamura

1958年千葉県生まれ。早稲田大学大学院経済学研究科中退(フランス経済史専攻)。'91年よりサッカー取材を開始。ヨーロッパで最も権威のあるサッカー雑誌『France Football』にも寄稿。著書に『山本昌邦 勝って泣く』『オシム 勝つ日本』(小社刊)など。フランスとワインとブレイク(昼寝)をこよなく愛するフットボールアナリスト。日本のジャーナリストで唯一バロンドールの投票権を持つ。

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • blog
ブラッターFIFA会長の野望と屈辱。プラティニはなぜ彼を裏切ったのか?

ワインとシエスタとフットボールと

ブラッターFIFA会長の野望と屈辱。
プラティニはなぜ彼を裏切ったのか?

昨年5月に発覚したFIFAの汚職スキャンダル。ウォーターゲート事件にちなんで“FIFAゲート”とも呼ばれるこの事件について、田村… 続きを読む

田村修一Shuichi Tamura

2016/02/24

プラティニは罠にはまったのか……。欧州に渦巻く陰謀とFIFA不正疑惑。

ワインとシエスタとフットボールと

プラティニは罠にはまったのか……。
欧州に渦巻く陰謀とFIFA不正疑惑。

2015年5月に発覚したFIFAの汚職スキャンダル。ウォーターゲート事件にちなんで“FIFAゲート”とも呼ばれる、この世界のサッカー… 続きを読む

田村修一Shuichi Tamura

2016/02/19

フランスが抱えるテロ対策の難しさ。現地スポーツ誌記者が解説する背景。

ワインとシエスタとフットボールと

フランスが抱えるテロ対策の難しさ。
現地スポーツ誌記者が解説する背景。

――フランスがイスラム国の標的にされた理由は何だったのか? 続きを読む

田村修一Shuichi Tamura

2015/11/25

スタジアムで、あの時何があったのか?パリのテロをスポーツ誌記者が語る。

ワインとシエスタとフットボールと

スタジアムで、あの時何があったのか?
パリのテロをスポーツ誌記者が語る。

どうも皆さん、ご無沙汰しています。この11月13日にパリで起こった同時多発テロは、フランス全土を震撼させました。事件から数日… 続きを読む

田村修一Shuichi Tamura

2015/11/24

オシムがハリルJに口を閉ざす理由。メディア不信と、両者の微妙な関係。

ワインとシエスタとフットボールと

オシムがハリルJに口を閉ざす理由。
メディア不信と、両者の微妙な関係。

「OK、それがどうかしたか?」今から3週間ほど前、次期日本代表監督としてヴァイッド・ハリルホジッチが理事会に推薦されたこと… 続きを読む

田村修一Shuichi Tamura

2015/03/26

<FIFAバロンドール受賞インタビュー> クリスティアーノ・ロナウド 「与えるものにこそ、与えられる」

Sports Graphic Number

<FIFAバロンドール受賞インタビュー> クリスティアーノ・ロナウド 「与えるものにこそ、与えられる」

2年連続3度目となったバロンドールの受賞。昨年の涙とは異なり、今季は余裕すら感じさせた。30代を迎えて、クラブでも代表でも大… 続きを読む

田村修一Shuichi Tamura

2015/02/13

<レジェンドが語るクラシコ> ティエリー・アンリ 「レアルへの勝利は無限の力を与えてくれる」

Sports Graphic Number

<レジェンドが語るクラシコ> ティエリー・アンリ 「レアルへの勝利は無限の力を与えてくれる」

エル・クラシコ――。過去、幾度となく名勝負を繰り広げてきたスペインの二大ビッグクラブ、レアル・マドリーとバルセロナの宿命… 続きを読む

田村修一Shuichi Tamura

2014/10/24

攻撃、守備、そしてサッカー観――。アギーレと日本の間にある“乖離”。

ワインとシエスタとフットボールと

攻撃、守備、そしてサッカー観――。
アギーレと日本の間にある“乖離”。

試合前にメンバー表を見て驚いた。アギーレは、戦う前から敗戦の言い訳を用意した。もしウルグアイかベネズエラに勝っていたら、… 続きを読む

田村修一Shuichi Tamura

2014/10/16

<フランス人記者が明かす> ハメスを覚醒させたモナコでの400日。

Sports Graphic Number

<フランス人記者が明かす> ハメスを覚醒させたモナコでの400日。

トントン拍子で銀河系軍団の仲間入りを果たした若人の、大きな飛躍のカギは昨シーズンの成長にあった。輝ける10番がフランスでの… 続きを読む

田村修一Shuichi Tamura

2014/08/28

ベンゼマ、1222分の無得点を超えて。「デシャンとならどこまでも行ける」

ワインとシエスタとフットボールと

ベンゼマ、1222分の無得点を超えて。
「デシャンとならどこまでも行ける」

――'12年6月のエストニア戦から13年10月のオーストラリア戦まで、15試合で通算1222分間無得点という不名誉な記録を樹立している… 続きを読む

田村修一Shuichi Tamura

2014/06/24

フランスの好調を牽引するベンゼマが、W杯開幕前に語っていた自身の歩み。

ワインとシエスタとフットボールと

フランスの好調を牽引するベンゼマが、
W杯開幕前に語っていた自身の歩み。

これからお届けするのは、6月15日のホンジュラス戦で2ゴールを決めたカリム・ベンゼマのインタビューである。フランク・リベリー… 続きを読む

田村修一Shuichi Tamura

2014/06/23

ウリエが語る優勝候補と注目国。「日本には確固たるビジョンがある」

ワインとシエスタとフットボールと

ウリエが語る優勝候補と注目国。
「日本には確固たるビジョンがある」

前篇に引き続き、フランスの名将ジェラール・ウリエ氏のインタビューをお送りします。ウリエが語る、ブラジル、日本、そして優勝… 続きを読む

田村修一Shuichi Tamura

2014/06/19

ウリエが語るW杯の戦術的トレンド。2人のストライカーと、「暑さ」が鍵?

ワインとシエスタとフットボールと

ウリエが語るW杯の戦術的トレンド。
2人のストライカーと、「暑さ」が鍵?

ブラジルの開幕戦勝利はともかく、ディフェンディングチャンピオンであるスペインの予想外の大敗という、思いがけない結果で幕を… 続きを読む

田村修一Shuichi Tamura

2014/06/18

チアゴ・シウバが語る母国でのW杯。「僕はネイマールのために死ねる」

ワインとシエスタとフットボールと

チアゴ・シウバが語る母国でのW杯。
「僕はネイマールのために死ねる」

――ブラジルの民衆は、選手に大きな重圧をかけることで知られています。ワールドカップでは、それが行き過ぎてチームに悪影響を… 続きを読む

田村修一Shuichi Tamura

2014/06/12

チアゴ・シウバが語る母国でのW杯。「今のブラジルは世界最高ではない」

ワインとシエスタとフットボールと

チアゴ・シウバが語る母国でのW杯。
「今のブラジルは世界最高ではない」

――スペインとのコンフェデレーションズカップの決勝の前に、あなたはマラカナンのロッカールームでチームメイトにどんな声をか… 続きを読む

田村修一Shuichi Tamura

2014/06/11

チアゴ・シウバが語る母国でのW杯。「マラカナンは家のようなものだ」

ワインとシエスタとフットボールと

チアゴ・シウバが語る母国でのW杯。
「マラカナンは家のようなものだ」

皆さま、これから新連載が始まります。ピッチの上のことだけをストイックに論じるのではなく、ピッチの外のサッカーにまつわる事… 続きを読む

田村修一Shuichi Tamura

2014/06/10

<言葉の力をめぐる一省察> イビチャ・オシム 「感じたことを率直に、そして真摯に語るべきだ」

Sports Graphic Number PLUS

<言葉の力をめぐる一省察> イビチャ・オシム 「感じたことを率直に、そして真摯に語るべきだ」

理想を具現化する上で、指導者の発する言葉の重みと効果的な伝え方とは――。日本サッカーのさらなる前進を望む名将が、豊富な経… 続きを読む

田村修一Shuichi Tamura

2014/04/14

コートジボワールと日本の力関係は?ベルギーを“挟んで”見えてくる真実。

海外サッカーPRESS

コートジボワールと日本の力関係は?
ベルギーを“挟んで”見えてくる真実。

ロワ・ボードワンスタジアム(ブリュッセル)で3月5日に行なわれたベルギー対コートジボワール戦は、ベルギーに2点をリードされ… 続きを読む

田村修一Shuichi Tamura

2014/03/10

<名将、ブラジルW杯を斬る> イビチャ・オシム 「どの国から勝ち点3を獲るか、見極めよ」

Sports Graphic Number

<名将、ブラジルW杯を斬る> イビチャ・オシム 「どの国から勝ち点3を獲るか、見極めよ」

――日本はコロンビア、コートジボワール、ギリシャと同組になりました。「他よりも危険の少ないグループだ。つまり優勝候補の本… 続きを読む

田村修一Shuichi Tamura

2014/01/07

<レジェンドが語る開催国の光と影> ロマーリオ 「私はW杯をめぐる不正と戦う」

Sports Graphic Number

<レジェンドが語る開催国の光と影> ロマーリオ 「私はW杯をめぐる不正と戦う」

かつてのセレソンのスターは、政治家となったことで、ブラジルの腐敗の現状を目の当りにした。国民の財産であるサッカーを不正か… 続きを読む

田村修一Shuichi Tamura

2013/12/04

ページトップ