著者プロフィール 

手嶋真彦Masahiko Tejima

1967年生まれ。東京都出身。慶應義塾大学法学部を卒業後、新聞記者、4年間のイタリア留学を経て、海外サッカー専門誌『ワールドサッカーダイジェスト』の編集長を5年間務めたのちの2015年4月に独立。サッカーをはじめとするスポーツには、多くの人々を感動させ、結びつけ、成長させる力がある。私たちの生きる社会をより良いものにしていく大きな力があると信じ、その観点から競技者、指導者、運営者、組織・企業等の取り組みや挑戦を取材・発信するライターとして活動中。同様の観点で書籍、雑誌等の企画を立案し、編集全般に携わるエディターとしての活動も続ける。サッカーのFIFAワールドカップは'94年、'98年、'02年、'06年大会を現地で観戦・取材した。

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • blog
総年俸がロナウド1人に及ばなくても。アタランタ、112年目で初CL目前!

欧州サッカーPRESS

総年俸がロナウド1人に及ばなくても。
アタランタ、112年目で初CL目前!

このままフィニッシュできれば、クラブ創立112年目にして初となるCL(欧州チャンピオンズリーグ)出場権獲得だ。それがどれほど… 続きを読む

手嶋真彦Masahiko Tejima

2019/05/08

トッティ2世と噂の19歳ザニオーロ。放出インテルが「大失敗」とため息。

欧州サッカーPRESS

トッティ2世と噂の19歳ザニオーロ。
放出インテルが「大失敗」とため息。

「トッティの後継者」と呼ばれるようになって、誰よりも戸惑っているのは彼自身かもしれない。 ニコロ・ザニオーロ。 誰? とい… 続きを読む

手嶋真彦Masahiko Tejima

2019/04/24

ポドルスキがヴィッセルで持つ野心。「イニエスタも同じような考えを」

Number PLAYBACK

ポドルスキがヴィッセルで持つ野心。
「イニエスタも同じような考えを」

好奇心旺盛で、時間ができれば、方々へ足を延ばす。近場だと六甲山、大阪、奈良、京都を訪れ、少し遠方だと東京が気に入った。 続きを読む

手嶋真彦Masahiko Tejima

2019/02/11

ユーベ敏腕GM退任理由はロナウド?キナ臭い噂と、インテル入団発表。

欧州サッカーPRESS

ユーベ敏腕GM退任理由はロナウド?
キナ臭い噂と、インテル入団発表。

ユベントスが手放したのは偉大な点取り屋――。と言っても、ピッチ上で得点を量産できる文字通りのゴールゲッターではない。 続きを読む

手嶋真彦Masahiko Tejima

2018/12/19

「新たなネイマール」の挫折と今。ガビゴル、祖国ブラジルでの変貌。

海外サッカーPRESS

「新たなネイマール」の挫折と今。
ガビゴル、祖国ブラジルでの変貌。

リオ五輪サッカーのブラジル代表には、注目のガブリエルがふたりいた。ひとりは、センターフォワードのガブリエル・ジェズス。20… 続きを読む

手嶋真彦Masahiko Tejima

2018/12/06

キエッリーニが代表100試合到達。知性と野性を併せ持つ“ドクター”。

欧州サッカーPRESS

キエッリーニが代表100試合到達。
知性と野性を併せ持つ“ドクター”。

「誇らしく、興奮した」イタリア代表のジョルジョ・キエッリーニが喜びをそう表現したのは、ずっと敵地でしかなかったスタジアム… 続きを読む

手嶋真彦Masahiko Tejima

2018/11/23

イタリアの希望、F・キエーザ。ネイマールを教訓に“愛の鞭”を!

欧州サッカーPRESS

イタリアの希望、F・キエーザ。
ネイマールを教訓に“愛の鞭”を!

キエーザは罰せられなければならない。なぜなら、ネイマールを見てみるがよい。 続きを読む

手嶋真彦Masahiko Tejima

2018/11/07

インテルの「運命の男」ベシーノ。ボールはいつも彼の所に飛んで来る。

欧州サッカーPRESS

インテルの「運命の男」ベシーノ。
ボールはいつも彼の所に飛んで来る。

未来を切り開けるフットボーラー。それがインテルのマティアス・ベシーノだ。「僕のキャリアを通して、もっとも重要なゴールにな… 続きを読む

手嶋真彦Masahiko Tejima

2018/10/25

ロナウドを抑えて得点ランク首位。セリエAの“新・殺し屋”ピアテク。

欧州サッカーPRESS

ロナウドを抑えて得点ランク首位。
セリエAの“新・殺し屋”ピアテク。

8節までを終えたセリエAで、得点ランクのトップに立っているのは、社会現象と化しているクリスティアーノ・ロナウドではない。 続きを読む

手嶋真彦Masahiko Tejima

2018/10/10

セリエCから這い上がったインザーギ。情熱と欲望でボローニャを統率中。

欧州サッカーPRESS

セリエCから這い上がったインザーギ。
情熱と欲望でボローニャを統率中。

2012年夏の現役引退から6年――。体型はスリムなままで、真ん中分けの前髪を指で整える仕草も変わらない。相変わらず色男だが、… 続きを読む

手嶋真彦Masahiko Tejima

2018/09/26

イタリア版グアルディオラとは?デゼルビという監督を知ってますか。

欧州サッカーPRESS

イタリア版グアルディオラとは?
デゼルビという監督を知ってますか。

イタリア版グアルディオラ――。そう呼ばれている青年監督をご存じだろうか。試合中のピッチサイドでは全身黒ずくめ風の出で立ち… 続きを読む

手嶋真彦Masahiko Tejima

2018/09/12

<ナンバーワンへの決意>ルーカス・ポドルスキ「恩返しがしたいんだ」

Sports Graphic Number Special

<ナンバーワンへの決意>ルーカス・ポドルスキ「恩返しがしたいんだ」

神戸にはもう一人、勝者のメンタリティを備えた者がいる。 日本文化を堪能しながらも、世界とのギャップを鋭く指摘。 かつて世… 続きを読む

手嶋真彦Masahiko Tejima

有料

2018/09/05

ロナウド獲得でユーベ8連覇へ盤石!ナポリ、ローマ等、セリエA実力査定。

欧州サッカーPRESS

ロナウド獲得でユーベ8連覇へ盤石!
ナポリ、ローマ等、セリエA実力査定。

クリスティアーノ・ロナウドという“リーサル・ウェポン”を手に入れたユベントスは、イタリアでさらに無双となったのか。追い掛… 続きを読む

手嶋真彦Masahiko Tejima

2018/08/01

オシムの言葉で渡欧した日本人医師。最先端のスポーツ医学に触れた衝撃。

サッカー日本代表PRESS

オシムの言葉で渡欧した日本人医師。
最先端のスポーツ医学に触れた衝撃。

ワールドカップのベルギー戦で大魚を逸したサッカー日本代表に、いったい何が足りなかったのか。「予防医学」が足りなかった。そ… 続きを読む

手嶋真彦Masahiko Tejima

2018/07/28

「CR7→ユベントス」から始まる、移籍市場の“歴史的ドミノ倒し”。~450ゴールの穴を埋めるためなら異例の移籍があってもおかしくない~

NumberEYES

「CR7→ユベントス」から始まる、移籍市場の“歴史的ドミノ倒し”。~450ゴールの穴を埋めるためなら異例の移籍があってもおかしくない~

世界中を仰天させたCR7ことクリスティアーノ・ロナウドの移籍は、歴史的な“ドミノ倒し”の始まりにもなるだろう。CR7を放出した… 続きを読む

手嶋真彦Masahiko Tejima

有料

2018/07/24

ネイマールの演技はもう通用しない。VAR制度はサッカーそのものを救う。

ロシアW杯PRESS

ネイマールの演技はもう通用しない。
VAR制度はサッカーそのものを救う。

モニターに映し出されているのは、コーナーキックをクリアするイバン・ペリシッチのプレーだ。 続きを読む

手嶋真彦Masahiko Tejima

2018/07/19

ムバッペ以外もロサーノ、ゴロビン。ロシアW杯で評価を高めた新星たち。

ロシアW杯PRESS

ムバッペ以外もロサーノ、ゴロビン。
ロシアW杯で評価を高めた新星たち。

ロシアワールドカップで「ペレ以来」「ボルト以上」などと話題をさらっているのは、フランス代表の19歳、キリアン・ムバッペだ。 続きを読む

手嶋真彦Masahiko Tejima

2018/07/04

“最弱”イタリア、W杯のなでしこ。「魂の入った」日本代表を見たい。

ロシアW杯PRESS

“最弱”イタリア、W杯のなでしこ。
「魂の入った」日本代表を見たい。

勝てば、いいのか――。4年に一度、この時期が来ると考える。勝たなければ、何も残せないのだろうかと。勝てなくても、心に響き… 続きを読む

手嶋真彦Masahiko Tejima

2018/06/19

インテルもラツィオも泣いた最終節。16年前に似たドラマのような死闘。

欧州サッカーPRESS

インテルもラツィオも泣いた最終節。
16年前に似たドラマのような死闘。

最後にこんなドラマが待っていようとは――。ラツィオが本拠地オリンピコにインテルを迎えたセリエA最終節(5月20日)は、シチュ… 続きを読む

手嶋真彦Masahiko Tejima

2018/05/23

因縁の相手リバプールとのCL準決勝。ローマは“34年前の汚点”を消せるか。

欧州サッカーPRESS

因縁の相手リバプールとのCL準決勝。
ローマは“34年前の汚点”を消せるか。

ドイツ人のユルゲン・クロップは、どこまで知っているのだろうか。リバプールとローマの因縁の歴史を。34年前のPK戦がロマニスタ… 続きを読む

手嶋真彦Masahiko Tejima

2018/04/24

ページトップ