著者プロフィール 

安倍昌彦Masahiko Abe

1955年、宮城県生まれ。早稲田大学高等学院野球部から、早稲田大学でも野球部に所属。雑誌『野球小僧』で「流しのブルペンキャッチャー」としてドラフト候補投手のボールを受ける活動を始める。著書に『スカウト』『流しのブルペンキャッチャーの旅』『若者が育つということ 監督と大学野球』など。

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • blog
ドラフト注目の、2人の「リョウタ」。伊東亮大と石岡諒太をプロで見たい!

マスクの窓から野球を見れば

ドラフト注目の、2人の「リョウタ」。
伊東亮大と石岡諒太をプロで見たい!

10月もなかばにさしかかり、今年もドラフトである。去年の今ごろ、ラジオで「来年の新人王予想」をさせられて、「そんなの無理で… 続きを読む

安倍昌彦Masahiko Abe

2014/10/20

叩き上げの優勝校と、松本裕樹投手。夏の甲子園で忘れられない2つのこと。

マスクの窓から野球を見れば

叩き上げの優勝校と、松本裕樹投手。
夏の甲子園で忘れられない2つのこと。

夏の甲子園が終わってしまった。甲子園が終わった途端、関東は早くも秋の気配である。甲子園が終わって、「夏」が終わる。激しい… 続きを読む

安倍昌彦Masahiko Abe

2014/08/28

「ヤバイ」、外野手、あわてる選手。甲子園で考えた、高校野球の“潮流”。

マスクの窓から野球を見れば

「ヤバイ」、外野手、あわてる選手。
甲子園で考えた、高校野球の“潮流”。

史上初の開幕2日遅れで始まった、この夏の甲子園大会。波乱の予感そのままに、有力候補たちの初戦敗退あり、大逆転劇あり、超ス… 続きを読む

安倍昌彦Masahiko Abe

2014/08/23

捕手目線で見た、夏の甲子園開幕戦。いい捕手の条件と、投手のプライド。

マスクの窓から野球を見れば

捕手目線で見た、夏の甲子園開幕戦。
いい捕手の条件と、投手のプライド。

今年も夏の甲子園が始まった。台風の到来で史上初めて開幕が2日遅れるという不吉な予感の中、案の定というのか、なんというのか… 続きを読む

安倍昌彦Masahiko Abe

2014/08/12

実は左投手は、左打者が苦手?高校野球の“セオリー”は正しいか。

マスクの窓から野球を見れば

実は左投手は、左打者が苦手?
高校野球の“セオリー”は正しいか。

私が高校野球に励んでいたのは1970年代、もう40年ほども前のことになる。当時は、「水を飲むな」をかたくなに守っていた。いやそ… 続きを読む

安倍昌彦Masahiko Abe

2014/08/09

甲子園までか、プロで伸びる投手か。「的中率85%」の見極め方とは?

マスクの窓から野球を見れば

甲子園までか、プロで伸びる投手か。
「的中率85%」の見極め方とは?

昨年、2013年の夏の甲子園大会に出場した投手の中で、秋のドラフト会議でプロ球団から指名された投手がいったい何人いるか?果た… 続きを読む

安倍昌彦Masahiko Abe

2014/08/05

内海、菅野、大谷、今宮、雄平……。高校時代の彼らの球を受けた男。

マスクの窓から野球を見れば

内海、菅野、大谷、今宮、雄平……。
高校時代の彼らの球を受けた男。

雑誌『野球小僧』で2000年の秋に連載が始まり、その後『野球太郎』に引き継がれ、そしてこの夏創刊された『野球人』でさらに続け… 続きを読む

安倍昌彦Masahiko Abe

2014/07/30

<< BACK 1 7 8 9 10 11 12

ページトップ