著者プロフィール 

大友信彦Nobuhiko Otomo

1962年宮城県生まれ。早稲田大学第二文学部卒業。1985年からフリーランスのスポーツライターとして『Sports Graphic Number』で活動。'87年からは東京中日スポーツのラグビー記事も担当し、ラグビーマガジンなどにも執筆。『再起へのタックル』(洋泉社)、『ザ・ワールドラグビー』(新潮社)、『奇跡のラグビーマン 村田亙』(双葉社)、『釜石ラグビーの挑戦』(水曜社)など著書多数。

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • blog
日本人初のスペイン挑戦を断念。流浪のラグビーマン「誰も悪くない」。

ラグビーPRESS

日本人初のスペイン挑戦を断念。
流浪のラグビーマン「誰も悪くない」。

日本人で初めて、スペインのプロラグビー選手になるはずだった。藤山裕太朗が、ラグビーのスペイン1部リーグの中堅チーム「アパ… 続きを読む

大友信彦Nobuhiko Otomo

ラグビー

2020/07/25

NZのラグビー再開に思うスポーツが社会にもたらす活力。

SCORE CARD

NZのラグビー再開に思う
スポーツが社会にもたらす活力。

同じ星とは思えない光景だった。6月13日に開幕したスーパーラグビー(SR)のニュージーランド5チームによる大会「SRアオテアロア… 続きを読む

大友信彦Nobuhiko Otomo

スーパーラグビー

有料

2020/07/23

日本代表歴代最多98キャップ。さらば伝説の鉄人、大野均。

SCORE CARD

日本代表歴代最多98キャップ。
さらば伝説の鉄人、大野均。

オンライン会見のまどろっこしさが、実直な人柄にはかえって似合うような気がした。5月22日、大野均は、PC画面の向こう側から静… 続きを読む

大友信彦Nobuhiko Otomo

ラグビー日本代表

有料

2020/06/30

2015年ラグビーW杯での極限状態……。五郎丸歩はなぜ安定していたのか。

Sports Graphic Number More

2015年ラグビーW杯での極限状態……。
五郎丸歩はなぜ安定していたのか。

五郎丸はW杯の前に「日本がW杯で結果を出したら、日本の社会に強いメッセージを発信できるんじゃないか」と話していた。「フィジ… 続きを読む

大友信彦Nobuhiko Otomo

ラグビー日本代表

2020/06/29

エディーが期待したスペシャルな才。竹中祥27歳、戦力外後の心境を激白。

ラグビーPRESS

エディーが期待したスペシャルな才。
竹中祥27歳、戦力外後の心境を激白。

もうひとり、そろそろ出てきてくれないと困るぞ……そう思っていた名前は、意外な形でメディアに載った。新型コロナウイルス感染… 続きを読む

大友信彦Nobuhiko Otomo

ラグビー

2020/06/21

「嵐が過ぎ去るのを待とう」様変わりしたプロリーグ構想。~ラグビー界が選んだ現実路線~

SCORE CARD

「嵐が過ぎ去るのを待とう」
様変わりしたプロリーグ構想。
~ラグビー界が選んだ現実路線~

「ひとつでもチームが減ること、選手が減ることは避けたい」谷口真由美・新リーグ法人準備室長の言葉には実感がこもっていた。 続きを読む

大友信彦Nobuhiko Otomo

トップリーグ

有料

2020/05/24

日本の票が会長選の命運を分けた?「ティア1昇格」に問われる振る舞い。

ラグビーPRESS

日本の票が会長選の命運を分けた?
「ティア1昇格」に問われる振る舞い。

ワールドラグビーの会長選挙は、オンラインで行われた。通常ならアイルランドのダブリンにあるワールドラグビー本部に世界各地の… 続きを読む

大友信彦Nobuhiko Otomo

ラグビー日本代表

2020/05/19

辛いときでも明るく、楽しく。女子ラガーたちのポジティブSNS。

SCORE CARD

辛いときでも明るく、楽しく。
女子ラガーたちのポジティブSNS。

ボールの弾む音、地面の震動。骨の軋む音。タックルをかいくぐり、タッチ際を走り抜ける選手たちが起こす風、疾走感。 続きを読む

大友信彦Nobuhiko Otomo

ラグビー日本代表

有料

2020/05/03

ワールドラグビー次期会長は誰に?大国に挑む45歳、ピチョットの野望。

ラグビーPRESS

ワールドラグビー次期会長は誰に?
大国に挑む45歳、ピチョットの野望。

ドン・キホーテの血が流れているのかもしれない。巨大な敵に挑む。無謀と言われようが、挑まずにはいられない。敵が巨大なら、ま… 続きを読む

大友信彦Nobuhiko Otomo

ラグビー

2020/04/16

ラグビーW杯名場面No.1はあの事件。感動よりも「楽しさ」を感じた突破。

ラグビーPRESS

ラグビーW杯名場面No.1はあの事件。
感動よりも「楽しさ」を感じた突破。

ナンバーを舞台に35年にわたってラグビーを見せていただいているのですが、そこで、いただいたお題「ナンバーワン」とは? いろ… 続きを読む

大友信彦Nobuhiko Otomo

ラグビー日本代表

2020/04/06

勇気を日本に届けよう――。海外で奮闘した2つのチーム。~サンウルブズとジュニア・ジャパン~

SCORE CARD

勇気を日本に届けよう――。
海外で奮闘した2つのチーム。
~サンウルブズとジュニア・ジャパン~

右目でフィジーで戦う若き桜戦士の奮闘を追い、左目は飢えた狼たちのタックルに引きずり込まれる――。同じような時間を過ごした… 続きを読む

大友信彦Nobuhiko Otomo

スーパーラグビー

有料

2020/03/29

日本ラグビー、2023年へ膨らむ期待。頼もしい若きジャパンの「優勝」。

ラグビーPRESS

日本ラグビー、2023年へ膨らむ期待。
頼もしい若きジャパンの「優勝」。

トップリーグの延期、休止が次々と決まり、国内で予定されていたサンウルブズの試合は国外に移され、五輪を控えて強化の追い込み… 続きを読む

大友信彦Nobuhiko Otomo

ラグビー日本代表

2020/03/17

豪州、南米、そしてアメリカへ。世界中を飛び回る7人制日本代表。~ラグビーセブンズの現在地~

SCORE CARD

豪州、南米、そしてアメリカへ。
世界中を飛び回る7人制日本代表。
~ラグビーセブンズの現在地~

コロナウイルスの感染拡大で国内試合がすべて中止・延期され、静寂に包まれた2月最後の週末。喜びのニュースは太平洋を越えて届… 続きを読む

大友信彦Nobuhiko Otomo

ラグビー日本代表

有料

2020/03/17

日本ラグビーの交渉役、藤井雄一郎。<後編>サンウルブズの可能性と存続。

ラグビーPRESS

日本ラグビーの交渉役、藤井雄一郎。
<後編>サンウルブズの可能性と存続。

前編に引き続き、日本ラグビーフットボール協会 日本代表チーム 男子15人制 強化委員長を務める藤井雄一郎氏のインタビューをお… 続きを読む

大友信彦Nobuhiko Otomo

スーパーラグビー

2020/03/16

日本ラグビーの交渉役、藤井雄一郎。<前編>ジョセフHC再契約の裏側。

ラグビーPRESS

日本ラグビーの交渉役、藤井雄一郎。
<前編>ジョセフHC再契約の裏側。

快挙を成し遂げたラグビーW杯終了後、指揮官ジェイミー・ジョセフは日本協会と契約を更新し、再び2023年フランス大会へ歩みを始… 続きを読む

大友信彦Nobuhiko Otomo

ラグビー日本代表

2020/03/16

三菱重工、待望のTL初勝利。あるベテランSHの「恩返し」。

SCORE CARD

三菱重工、待望のTL初勝利。
あるベテランSHの「恩返し」。

悲願という言葉がこれほど似合う勝利もなかなかないだろう。2月16日、相模原市のギオンスタジアム。三菱重工相模原ダイナボアー… 続きを読む

大友信彦Nobuhiko Otomo

トップリーグ

有料

2020/03/07

流大とも田中史朗とも違う“ゴツさ”。サンウルブズSH木村貴大の挑戦。

ラグビーPRESS

流大とも田中史朗とも違う“ゴツさ”。
サンウルブズSH木村貴大の挑戦。

そんな、じりじりしていたサンウルブズのファンに「おっ」と思わせるニュースが届いた。ハリケーンズ戦を終え、開催地の変更され… 続きを読む

大友信彦Nobuhiko Otomo

スーパーラグビー

2020/03/05

寄せ集めではなく志願兵。サンウルブズ、初の開幕戦勝利。

SCORE CARD

寄せ集めではなく志願兵。
サンウルブズ、初の開幕戦勝利。

「まわりからはいろいろな声を聞くけど、僕は悲観してない。楽しみしかない」開幕前日に発した大久保直弥HCの言葉は現実となった… 続きを読む

大友信彦Nobuhiko Otomo

スーパーラグビー

有料

2020/02/14

<2023年への鼓動(2)>武井日向「紫紺の対抗心を見よ」

Sports Graphic Number Special

<2023年への鼓動(2)>
武井日向「紫紺の対抗心を見よ」

強い心を内に秘めた小柄な青年は、4年の時を経て、見るものを圧倒する「重戦車」の核へと変貌した。大学屈指のタレント集団を束… 続きを読む

大友信彦Nobuhiko Otomo

大学ラグビー

有料

2020/02/11

田村優がつないだ「10番」は誰に?頼もしい、若き司令塔たちの躍動。

ラグビーPRESS

田村優がつないだ「10番」は誰に?
頼もしい、若き司令塔たちの躍動。

2020年のラグビーを読み解くキーワードは、背番号10。次世代の司令塔の競演だ。W杯で背番号10、司令塔に座ったのは田村優。30歳… 続きを読む

大友信彦Nobuhiko Otomo

ラグビー日本代表

2020/02/06

ページトップ