著者プロフィール 

カナ一覧
組織別
カタカナ検索  

塩畑大輔Daisuke Shiohata

1977年4月2日、茨城県笠間市生まれ。2002年に日刊スポーツ新聞社に入社。浦和レッズ、中村俊輔、オシムジャパン、西武ライオンズ、男子ゴルフなどを担当記者として取材。2017年にコミュニケーションアプリ内のニュース配信プラットフォームに移り、現在は提携媒体とのコラボ企画などを担当。

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • blog
阿部勇樹は10年前「プレミア名門のオファー」を断っていた… あえて《J2降格寸前だった浦和レッズ復帰》を選んだ真相―2021-22 BEST5

JリーグPRESS

阿部勇樹は10年前「プレミア名門のオファー」を断っていた… あえて《J2降格寸前だった浦和レッズ復帰》を選んだ真相―2021-22 BEST5

2020年シーズン。浦和レッズ・阿部勇樹は1年の大半を、ベンチ入りメンバーから外れたままで過ごした。前年半ばにオリベイラ監督… 続きを読む

塩畑大輔Daisuke Shiohata

Jリーグ

2022/05/05

なぜベンチ外のはずの阿部さんが? 「浦和の背番号22を継承」柴戸海に託された“天皇杯決勝前、40歳現役最後の貢献”とは

JリーグPRESS

なぜベンチ外のはずの阿部さんが? 「浦和の背番号22を継承」柴戸海に託された“天皇杯決勝前、40歳現役最後の貢献”とは

2020年シーズン。浦和レッズ・阿部勇樹は1年の大半を、ベンチ入りメンバーから外れたままで過ごした。前年半ばにオリベイラ監督… 続きを読む

塩畑大輔Daisuke Shiohata

Jリーグ

2022/01/21

阿部勇樹は10年前「プレミア名門のオファー」を断っていた… あえて《J2降格寸前だった浦和レッズ復帰》を選んだ真相

JリーグPRESS

阿部勇樹は10年前「プレミア名門のオファー」を断っていた… あえて《J2降格寸前だった浦和レッズ復帰》を選んだ真相

2020年シーズン。浦和レッズ・阿部勇樹は1年の大半を、ベンチ入りメンバーから外れたままで過ごした。前年半ばにオリベイラ監督… 続きを読む

塩畑大輔Daisuke Shiohata

Jリーグ

2022/01/21

オシムが阿部勇樹に伝えた「指導者になることを意識しながら、プレーを」 引退までの4年間、たどり着いたラストミッション

JリーグPRESS

オシムが阿部勇樹に伝えた「指導者になることを意識しながら、プレーを」 引退までの4年間、たどり着いたラストミッション

2021シーズン限りでの引退を決断し、浦和レッズのユースコーチに就任した阿部勇樹。彼をジェフ、オシムジャパン時代から追い、20… 続きを読む

塩畑大輔Daisuke Shiohata

Jリーグ

2022/01/21

「後悔などあろうはずが」イチロー・藤沢周平の言葉と菊池雄星の自問自答 15歳で出会った“恩師”からの「まっすぐ立つ」の教えとは

メジャーリーグPRESS

「後悔などあろうはずが」イチロー・藤沢周平の言葉と菊池雄星の自問自答 15歳で出会った“恩師”からの「まっすぐ立つ」の教えとは

2020年秋、シアトルの自宅。マリナーズの菊池雄星はひとり、パソコンのキーボードをたたき続けていた。山形にある藤沢周平記念館… 続きを読む

塩畑大輔Daisuke Shiohata

MLB

2021/07/15

「リーグ最低の先発投手」を覆して菊池雄星が覚醒に至るまで  “MLBオールスターに出る”目標設定と「すべてをぶっ壊した」挑戦

メジャーリーグPRESS

「リーグ最低の先発投手」を覆して菊池雄星が覚醒に至るまで  “MLBオールスターに出る”目標設定と「すべてをぶっ壊した」挑戦

日本時間7月5日午前4時。関係者の枕元で、スマホにLINEの着信通知が浮かび上がった。「Dreams come true.」「あきらめなくて良か… 続きを読む

塩畑大輔Daisuke Shiohata

MLB

2021/07/15

三沢光晴さんへの思いを込めて――。ノア齋藤彰俊が放つバックドロップ。

格闘技PRESS

三沢光晴さんへの思いを込めて――。
ノア齋藤彰俊が放つバックドロップ。

バックドロップ。ファンならずとも誰もが知る技。そして齋藤にとって、プロレスリング・ノアのファンにとって「特別」な技。受け… 続きを読む

塩畑大輔Daisuke Shiohata

プロレス

2020/06/15

ページトップ