中村計 関連コラム

著者プロフィール 

中村計Kei Nakamura

1973年千葉県出身。ノンフィクションライター。某スポーツ紙を経て独立。『Number』(文藝春秋)、『スポルティーバ』(集英社)などで執筆。『甲子園が割れた日 松井秀喜の5連続敬遠の真実』(新潮社)で第18回(2007年度)ミズノスポーツライター賞最優秀賞受賞。他に『佐賀北の夏』(ヴィレッジブックス)、共著に『早実vs.駒大苫小牧』(朝日新書)などがある。『雪合戦マガジン』の編集長も務める。趣味は、落語鑑賞と、バイクと、競艇。

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • blog
水球の日本一決定戦は価値観の争い。禁断の戦術を貫いた大本洋嗣の覚悟。

オリンピックPRESS

水球の日本一決定戦は価値観の争い。
禁断の戦術を貫いた大本洋嗣の覚悟。

パスラインディフェンスは戦術と言うより、決意の別称と言った方がいいのだろう。日本はスタミナとスピードは世界一だ。それでも… 続きを読む

中村計Kei Nakamura

水球

2019/11/05

伝説のヨットマン、最後の大勝負。セールGPはヨットのF1になれるか。

Number Ex

伝説のヨットマン、最後の大勝負。
セールGPはヨットのF1になれるか。

早福は今年で54歳になる。おそらく、これだけのチャンスはもう巡ってこないだろう。伝説のヨットマンの最後の、そして最大の勝負… 続きを読む

中村計Kei Nakamura

ヨット

2019/10/25

甲子園の48本塁打、メーカーはどこ?バットは2強、スパイクはアシックス。

野ボール横丁

甲子園の48本塁打、メーカーはどこ?
バットは2強、スパイクはアシックス。

多くのアスリートにとって、もっとも大事な用具は何か。その答えは、シューズであり、スパイクである。 続きを読む

中村計Kei Nakamura

高校野球

2019/09/03

昨年より地味でも、昂揚した決勝戦。改革なら甲子園を面白くする方法で。

野ボール横丁

昨年より地味でも、昂揚した決勝戦。
改革なら甲子園を面白くする方法で。

今年の夏の甲子園決勝の顔合わせは、じつは、昨年と「性格」が似ていた。片や総合力に抜きんでた大阪代表の優勝候補のチーム。片… 続きを読む

中村計Kei Nakamura

高校野球

2019/08/30

奥川恭伸は誰よりも穏やかなエース。笑い、泣き、不安すら受け入れて。

野ボール横丁

奥川恭伸は誰よりも穏やかなエース。
笑い、泣き、不安すら受け入れて。

こんなに穏やかな一流投手を見たことがない。星稜を準優勝に導いたエースの奥川恭伸のことである。取材のときも、試合中も、いつ… 続きを読む

中村計Kei Nakamura

高校野球

2019/08/28

明石商・狭間監督、精一杯のジョーク。「言われたのに風呂入ってしもうた」

野ボール横丁

明石商・狭間監督、精一杯のジョーク。
「言われたのに風呂入ってしもうた」

試合前、記者に囲まれた明石商の監督、狭間善徳の表情は疲れ切っていた。 「(深夜)2時ぐらいに起きてから、寝てないんで……。… 続きを読む

中村計Kei Nakamura

高校野球

2019/08/20

<北の指揮官たちが語る>駒大苫小牧「まさかのVが遺したもの」

Sports Graphic Number Special

<北の指揮官たちが語る>
駒大苫小牧「まさかのVが遺したもの」

2004年夏、駒大苫小牧により深紅大旗が初めて北の大地に渡ると、地元は大喝采に包まれた。不可能と思われていた北海道勢の甲子園… 続きを読む

中村計Kei Nakamura

高校野球

有料

2019/08/20

明石商・狭間善徳監督の“馬淵愛”。喋りも熱さも飾らなさも瓜ふたつ。

野ボール横丁

明石商・狭間善徳監督の“馬淵愛”。
喋りも熱さも飾らなさも瓜ふたつ。

歯に衣着せぬ物言いと、膨大な野球知識に裏付けされた解説がおもしろく、明石商の監督、狭間善徳の囲み取材はいつも笑いが絶えな… 続きを読む

中村計Kei Nakamura

高校野球

2019/08/19

2年生エースを投げさせない明石商。狭間監督の情熱と冷静な逆算。

野ボール横丁

2年生エースを投げさせない明石商。
狭間監督の情熱と冷静な逆算。

情熱と冷静の「汽水域」にいるような監督だ。明石商の狭間善徳のことである。準々決勝の八戸学院光星戦は終盤までもつれる展開に… 続きを読む

中村計Kei Nakamura

高校野球

2019/08/18

死闘のなか星稜・奥川に活を入れた「ジョックロック」と漢方薬。

野ボール横丁

死闘のなか星稜・奥川に活を入れた
「ジョックロック」と漢方薬。

普段から温厚そのもので、試合中も「あんまり吠えたりしないので」と語っていた星稜の大エース・奥川恭伸が終盤、吠えまくった。… 続きを読む

中村計Kei Nakamura

高校野球

2019/08/17

左頬骨骨折の岡山学芸館・丹羽淳平。執念の左前安打で見せた人間の強さ。

野ボール横丁

左頬骨骨折の岡山学芸館・丹羽淳平。
執念の左前安打で見せた人間の強さ。

すっかり左右対称な顔に戻っていた。「まだ折れてますけど、痛みはないです」そう振り返ったのは、作新学院戦で先発し、3回5失点… 続きを読む

中村計Kei Nakamura

高校野球

2019/08/16

習志野には「人間の教科書」がある。小林監督が敗れても悔やまない理由。

野ボール横丁

習志野には「人間の教科書」がある。
小林監督が敗れても悔やまない理由。

他の人とはまったく違う「野球の教科書」を持っているようだった。試合前、習志野の監督である小林徹は、対戦相手の鶴岡東の先発… 続きを読む

中村計Kei Nakamura

高校野球

2019/08/14

信用できる男は秘密を守る――。星稜2年生投手の尋常ならざる肝っ玉。

野ボール横丁

信用できる男は秘密を守る――。
星稜2年生投手の尋常ならざる肝っ玉。

大エース奥川恭伸の代役は、口の堅い男だった。星稜は2回戦の立命館宇治戦、先発に2年生の荻原吟哉を立てた。試合前の取材で、監… 続きを読む

中村計Kei Nakamura

高校野球

2019/08/13

海星の「たまたま超攻撃的2番」、大串祐貴の変身を監督は信じるか。

野ボール横丁

海星の「たまたま超攻撃的2番」、
大串祐貴の変身を監督は信じるか。

「流行」ではなく「たまたま」。「バントしない」のではなく「バントできない」。それが海星の「超攻撃的2番」、大串祐貴だ。 続きを読む

中村計Kei Nakamura

高校野球

2019/08/12

明徳・馬淵節が甲子園に帰ってきた。「パンツびっちゃんこやったわ」

野ボール横丁

明徳・馬淵節が甲子園に帰ってきた。
「パンツびっちゃんこやったわ」

「野球はわからんのですよ。うまいことやったら」初戦を6-4で逃げ切った明徳義塾の監督、馬淵史郎は試合後、ベテラン講釈師のよ… 続きを読む

中村計Kei Nakamura

高校野球

2019/08/08

津田学園エース前佑囲斗が完投勝利。「誤魔化し」の出来でも大物の予感。

野ボール横丁

津田学園エース前佑囲斗が完投勝利。
「誤魔化し」の出来でも大物の予感。

身長182センチ、体重87キロ。のエース、本格派右腕の前佑囲斗(まえ・ゆいと)のまるで格闘家のようながっしりとした体つきは、… 続きを読む

中村計Kei Nakamura

高校野球

2019/08/07

佐賀北・久保貴大監督は変わらない。選手の不信感を信頼に変えた2年間。

野ボール横丁

佐賀北・久保貴大監督は変わらない。
選手の不信感を信頼に変えた2年間。

ベンチでの姿と、12年前のマウンドでの姿が重なった。神村学園と対戦した佐賀北は初回、ミスが重なりいきなり3失点。一塁へ送球… 続きを読む

中村計Kei Nakamura

高校野球

2019/08/06

<大器を育てる指導哲学>球界の港を開く。花巻東・佐々木洋の挑戦。

Sports Graphic Number Special

<大器を育てる指導哲学>
球界の港を開く。
花巻東・佐々木洋の挑戦。

菊池雄星、大谷翔平と二人の現役メジャーリーガーを育てたのは岩手県で高校野球に革命を起こした一人の指導者だった。スケールの… 続きを読む

中村計Kei Nakamura

高校野球

有料

2019/05/27

<二軍監督とスカウトが語る>吉田輝星「背番号に託された思い」

Sports Graphic Number Special

<二軍監督とスカウトが語る>
吉田輝星「背番号に託された思い」

まだ本領発揮には至っていない。夏の甲子園で金農フィーバーを巻き起こした高校ナンバー1右腕は“あの頃の自分”を超えるため、… 続きを読む

中村計Kei Nakamura

プロ野球

有料

2019/04/09

センバツの用具商戦は夏より熱い!バットもグラブも勢力図に変化が?

野ボール横丁

センバツの用具商戦は夏より熱い!
バットもグラブも勢力図に変化が?

野球用具メーカーから見ると、拡販チャンスは「夏」より「春」の方が大きい。というのも、夏は甲子園出場が決まってから大会まで… 続きを読む

中村計Kei Nakamura

高校野球

2019/04/09

ページトップ