ロンドン五輪代表、最大の挑戦BACK NUMBER

誰がロンドン五輪の「顔」になる?
サッカーU-22代表に漂う微妙な空気。 

text by

佐藤俊

佐藤俊Shun Sato

PROFILE

photograph byKYODO

posted2011/02/27 08:00

誰がロンドン五輪の「顔」になる?サッカーU-22代表に漂う微妙な空気。<Number Web> photograph by KYODO

アジア大会前はそれほど期待も注目もされていなかったU-21サッカー日本代表。サッカーでは初となる金メダルを獲得して、日本サッカー史に新たな歴史を刻んだ

「チームの顔」が決まると戦意が一気にアップする!

 おそらく関塚監督は、キャプテン然とした選手が出てくるのを待っているのであろう。

 このままキャプテンが空席だとチーム作りに支障を来すのはもちろん、2次予選でイランなどの強敵と対峙した場合、一体感を構築できないまま戦わなければならない恐れが出てくる。

 また、宇佐美貴史が「もっと、お互いにコミュニケーションを取るべき」と語ったように、世代間で意志疎通を計ることが必要だと意識している選手もすでに出始めている。一部の選手たちは、軸のない不安定なチームに多少なりとも危機感を感じているのだ。

 アトランタ五輪の前園真聖、シドニー五輪の宮本、アテネ五輪の那須らのように、チームの顔となり、引っ張っていける存在が決まればチームは同じ方向に進み出し、結束力は一気に増していく。

 キャプテンとメインキャストを決めるのは、いったいいつになるのか。

 6月の2次予選まで、残された時間は僅かしかない。

関連記事

BACK 1 2 3
宮本恒靖
ロンドン五輪
オリンピック・パラリンピック

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ