Sports Graphic Number MoreBACK NUMBER

「6試合783球」を投げ抜いた島袋洋奨と「229球目に押し出し」の宮城大弥…興南高校“琉球サウスポーが繋ぐもの”

posted2023/08/12 17:00

 
「6試合783球」を投げ抜いた島袋洋奨と「229球目に押し出し」の宮城大弥…興南高校“琉球サウスポーが繋ぐもの”<Number Web> photograph by Atsushi Hashimoto

「あの夏」の絆を紡ぐ島袋洋奨(左)と宮城大弥

text by

石田雄太

石田雄太Yuta Ishida

PROFILE

photograph by

Atsushi Hashimoto

 春夏連覇から12年――。

 那覇の住宅地にある興南高校のグラウンドには、レフトからセンターへと観客席のように横たわる石段がある。その最上段にはガジュマルの木が並んでいた。生い茂った葉は12年前と変わらず、沖縄の厳しい陽射しを遮ってくれている。興南野球の歩みは、このガジュマルの木が見守ってきた。

 島袋洋奨は今年、30歳になる。

 初めて会ったのは彼が高校2年の夏だから、もう13年も前のことだ。「ちくわとマヨネーズが苦手」だと話した16歳の少年はその後、甲子園で興南のエースとして春夏連覇を成し遂げ、中央大学からホークスへと進んだ。5年でプロ生活を終え、母校に戻ってきたのが一昨年の春のことだ。現在は入試広報部の職員として、野球部の副部長として、さらにはコーチとして、高校生と向き合っている。自宅に戻れば通信教育で教員免許の取得を目指す、2児の父だ。

「いろいろ変わりましたよ。僕らが春夏連覇した後、バックネットを高くして、この石段もごっそり削ってグラウンドを広くしたそうです。そういうところを見ると昔とは変わったなぁと思いますね。ただグラウンドでのピリピリした緊張感は選手のときと変わりません。えっ、ちくわとマヨネーズですか? それは今も無理です(笑)」

興南高校
島袋洋奨
宮城大弥
生盛亜勇太
我喜屋優
オリックス・バファローズ
福岡ソフトバンクホークス

プロ野球の前後の記事

ページトップ