Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<ドイツのトルコ人社会を訪ねて> メスト・エジル 「現代的トップ下を作った創造性と規律」 

text by

木崎伸也

木崎伸也Shinya Kizaki

PROFILE

photograph byTsutomu Takasu

posted2011/02/05 08:01

<ドイツのトルコ人社会を訪ねて> メスト・エジル 「現代的トップ下を作った創造性と規律」<Number Web> photograph by Tsutomu Takasu
レアル・マドリーでトップ下としての地位を確立したエジル。
トルコ移民の子として ドイツに生まれた彼はいかにして
クレバーでシンプルなスタイルを身に付けたのか。
原点を探るべく故郷ゲルゼンキルヘンを訪ねた。

 どんなにトップスピードで走っていても、メスト・エジルはまるで絨毯に落としたかのように、柔らかいタッチでボールをトラップすることができる。

 1月3日、スペインリーグ17節、ヘタフェ対レアル・マドリー戦の前半19分。

 ディマリアが右サイドをドリブルで駆け上がると、中央にいたエジルが矢のようにゴール前へダッシュを開始した。ディマリアからの強烈なパスをエジルはピタリと止め、顔を上げたままワンフェイントでGKをかわし、無人のゴールにボールを流し込んだ。

 まるで路地裏にいる友達をからかって、ドリブルで翻弄するかのように。

 エジルは今、世界で最も注目される攻撃的MFのひとりだ。レアルのトップ下を任され、ジネディーヌ・ジダンと比較される存在になりつつある。

 '88年、エジルはドイツ西部のルール工業地帯の小都市、ゲルゼンキルヘンで生まれた。ゲルゼンキルヘンはかつて炭鉱で栄えた町で、エジルの祖父は出稼ぎ労働者として、トルコから移住してきた。町はたくさんのトルコ系移民で溢れ、活気に満ちていた。

 だが、'80年代に炭鉱が次々に閉鎖されると、町の様子は一変する。主要産業がなくなり、トルコ系移民の多くが職を失った。エジル一家が住んでいたビスマルク通り周辺は、「ドイツ一貧しいトルコ人街」と陰口を叩かれるようになった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 5481文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

天才プレイヤーの創り方。~欧州サッカー育成最前線~
メスト・エジル

海外サッカーの前後の記事

ページトップ