Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[走り抜けた39年]武藤敬司「レスラーは背中が命」

posted2023/01/12 07:03

 
[走り抜けた39年]武藤敬司「レスラーは背中が命」<Number Web> photograph by Yuki Suenaga

text by

二宮寿朗

二宮寿朗Toshio Ninomiya

PROFILE

photograph by

Yuki Suenaga

ムーンサルトやスペースローリングエルボーなど華麗な動きで観る者を魅了し続けた男は、陰での努力を怠らなかった。「プロレスLOVE」を貫くために鍛え続けた日々を振り返る。

 ゴツくて、広くて、分厚いその背中。武藤敬司がゴージャスなガウンを脱いだ瞬間、ド迫力の筋肉の塊が飛び出してくる。還暦を迎えてもなお美しく、気高い。広背筋が盛り上がった茂みの真ん中をスッと通る窪みの一本道は、まるで平安京の朱雀大路のようだ。

「これは俺の持論なんだけど、プロレスラーにとって背中の筋肉ってすげえ重要なんだよ。なぜってタッグマッチでも何でも、お客さんに常に背中を向けなきゃいけねえんだから。上半身のなかで一番でかい筋肉でもある」

 弾力性のある柔らかい筋肉美は、間もなく見納めになる。

 プロレスはゴールのないマラソンと表現していたプロレス界のスーパースターは2月21日、所属するプロレスリング・ノアの東京ドーム興行でラストファイトを迎える。両膝に加えて股関節もこれ以上悪化すれば人工関節にしなければならないと主治医に宣告されたことで引退を決断し、昨年7月から「ファイナルカウントダウンシリーズ」をこなしてきた。

「引退を発表してから大変だよ。股関節とか原因があって引退するのに、試合となればみっともない格好では出たくないからトレーニングはちゃんとやってる。でもあんまり追い詰めると、炎症を起こしちゃったりするからそのあんばいが難しい。日々、そのジレンマとの戦いなんだよな。早くもう試合が来てくれって感じだよ」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 3837文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

武藤敬司
プロレスリング・ノア
小島聡
新日本プロレス
獣神サンダー・ライガー
藤波辰爾
レックス・ルガー

プロレスの前後の記事

ページトップ