Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[妖精レスラーの矜持]なつぽい「強く激しく美しく」

posted2023/01/12 07:02

 
[妖精レスラーの矜持]なつぽい「強く激しく美しく」<Number Web> photograph by Nanae Suzuki

text by

橋本宗洋

橋本宗洋Norihiro Hashimoto

PROFILE

photograph by

Nanae Suzuki

芸能界からプロレス界へ、偏見つきまとう転身を支えたのが、バトントワリングで鍛え上げたフィジカルの基礎だった。“小さくても強い”人気選手が明かす肉体へのこだわり。

 スターダムの人気レスラー、なつぽいは“リングの妖精”、“ハイスピード・フェアリー”というキャッチフレーズを持っている。小柄で華のあるビジュアルに加えてリング上を軽やかに舞うような闘いぶりは、まさに妖精だ。

 背中には“妖精の羽”もある。写真で見るとよく分かるが、なつぽいはいわゆる“マッチョ”ではないもののかなり筋肉質で、とりわけ発達しているのが背筋だ。それを本人が羽になぞらえたのだが、実際に彼女の肉体はファイトスタイルと密接な関係にある。

「私は小柄だしパワーファイターではないので。スピードがあって小回りがきくような動き、大きい人にはできない闘い方を意識してます」

 子供時代から芸能界で活動し、役者を目指しながらアクトレスガールズの1期生としてデビュー。同期の安納サオリとともに2トップと呼ばれた。東京女子プロレスではインターナショナル・プリンセスのベルトを獲得、初代王者となった。2020年からスターダムに移ると、ハイスピード王座、6人タッグ王座、タッグ王座に就いた。小さいのに、ではなく小さいからこそ強い。そんな闘いで結果を出し続けた。

 新人時代は「ワールド女子プロレス・ディアナ」で出稽古。レジェンド女子選手である井上京子が率いる団体で、伊藤薫の指導を受ける。京子も伊藤も、日本の女子プロレスの源流である全日本女子プロレス、略称“全女”出身だ。なつぽいは、老舗直系の練習で実力を蓄えた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 2096文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

なつぽい
スターダム
井上京子
伊藤薫
堀田祐美子
全日本女子プロレス

プロレスの前後の記事

ページトップ