フィギュアスケートPRESSBACK NUMBER

紀平梨花(20歳)が2年ぶりの全日本フィギュアで示した復活ロード「不運は自分で作ったもの」「来年は生まれ変わったような自分を…」 

text by

野口美惠

野口美惠Yoshie Noguchi

PROFILE

photograph byAsami Enomoto

posted2022/12/29 17:02

紀平梨花(20歳)が2年ぶりの全日本フィギュアで示した復活ロード「不運は自分で作ったもの」「来年は生まれ変わったような自分を…」<Number Web> photograph by Asami Enomoto

全日本フィギュア選手権に出場した紀平梨花。2年ぶりの舞台は合計188.62点で11位だった

「まだまだ自分の状態じゃない。いまは違う自分の中にいました。本当の自分はこんなものじゃないと、自分でも感じています。時間をかければ良いものが出来る。来年は新たに生まれ変わったかのような自分をお見せしたいです」

「梨花の才能は、誰もが認めるもの」

 オーサーコーチは言う。

「今の梨花に必要なのは、しっかりと休む期間。彼女の才能は、誰もが認めるもの。氷に戻れば、回復が早いことも証明しました。トロントに戻ってきたら、どうやってジャンプの練習をさせないかを考えます(笑)」

 年明け以降の主要大会への派遣は逃したが、むしろ3年後を見据えれば、必要な休養になるだろう。

「もう1年、怪我と過ごしてきました。やりすぎずに、でも追い込みを掛けるのは大変。でも慣れました。自分を信じてやるしかないです」

 そう語る笑顔を見て、今年4月、復帰に向けて顔を見せたときの彼女の言葉を思い出す。

「ポジティブに持っていけない状況だから、なにごとも無理矢理そう捉えるようにしていました。五輪をテレビで見て『ここに出られたんだけどなあ』と少しはよぎりましたが、それぞれの人生がある。皆が目指してきた場所なんだから、という思いで応援しました。私はまず怪我を治して、来季、そしてずっと長く活躍できるほうがいい。気持ちに波があるけれど、そう考えるようにしてきました」

 彼女は、強く進化していた。18歳までのジャンプの天才少女ではなく、どんな怪我も不運も受けとめて進むポジティブさがあった。3年後の全日本選手権を笑顔で迎えるために。紀平はにっこりと笑って、2022年全日本選手権の会場を後にした。

記事内で紹介できなかった写真が多数ございます。こちらよりぜひご覧ください。

この記事の全文は「Number PREMIER」でお読みいただけます。
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
甦る死闘。 True Stories of 2023. - Number1086号 <表紙> 大谷翔平

Sports Graphic Number 1086
甦る死闘。
True Stories of 2023.

2023年12月7日発売
800円(税込)

Amazonで購入する

関連記事

BACK 1 2 3 4
紀平梨花

フィギュアスケートの前後の記事

ページトップ