Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[37歳主将の献身]クロアチア「モドリッチが祖国に残したDNA」

posted2022/12/23 07:03

 
[37歳主将の献身]クロアチア「モドリッチが祖国に残したDNA」<Number Web> photograph by Kenichi Arai

text by

長束恭行

長束恭行Yasuyuki Nagatsuka

PROFILE

photograph by

Kenichi Arai

クロアチアの歴史を塗り替えることはかなわなかったが、モドリッチの運動量と戦う姿勢はすべての選手から尊敬された。彼の自伝の翻訳も手掛けた筆者が、その胸中に迫る。

「クロアチアは小さな国だが、誇り高き国だ。歌いもしなければ踊りもしない。走り続けて緊張が緩むことはない。彼らは戯れることはせずに闘う。W杯タイトルに至る道中、あなたを襲う最悪の対戦相手の一つがクロアチア。あのチームは決勝トーナメントで“戦艦”に変貌する」

 これはFIFAランク1位のブラジルを準々決勝で沈めた直後の『ガゼッタ・デッロ・スポルト』紙のクロアチア評だ。

 4年前のロシア大会。決勝トーナメントでは常にビハインドを背負う厳しい試合が続いた。デンマークとロシアはPK戦で退け、イングランドは延長戦のマリオ・マンジュキッチのゴールで駆逐した。フランスとのファイナルでは優勢に試合を進めるも、主審がアントワン・グリーズマンのダイブを見破れず、厳しいハンド判定も食らって前半に2失点。それでも諦めずにピッチで闘い続ける姿が世界中のサッカーファンの胸を打った。大会MVPに選ばれたルカ・モドリッチは、自伝『マイゲーム』の中でこう振り返る。

「心にあった感情は悲しさだけだった。キャリアでもっとも幸せな瞬間になるはずなのに、そうじゃなかったんだ。W杯のファイナルに敗れ、まだ試合の余韻で火照っている。頭をもたげることといえば、『終わってしまった』という思いだけだった」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 3035文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

ルカ・モドリッチ
マリオ・マンジュキッチ
ドミニク・リバコビッチ
ヨシュコ・グバルディオル
ロブロ・マイエル
デヤン・ロブレン
カタールW杯
ワールドカップ
ロシアW杯

海外サッカーの前後の記事

ページトップ