沸騰! 日本サラブ列島BACK NUMBER

”出世レース”朝日杯の本命馬は”奇跡の参戦”ドルチェモアか? 勝ちっぷりが強烈なコーパスクリスティも「強いだけに怖い」 

text by

島田明宏

島田明宏Akihiro Shimada

PROFILE

photograph byPhotostud

posted2022/12/17 17:00

”出世レース”朝日杯の本命馬は”奇跡の参戦”ドルチェモアか? 勝ちっぷりが強烈なコーパスクリスティも「強いだけに怖い」<Number Web> photograph by Photostud

10月のサウジアラビアRCでは2番手から鮮やかに差し切り2戦2勝で朝日杯に臨むドルチェモア

勝ちっぷり強烈なもう1頭「厩舎が怖い」

 もう1頭、2戦2勝の馬がいる。コーパスクリスティ(牡、父エピファネイア、栗東・中内田充正厩舎)だ。こちらも2戦とも芝1400mだったのだが、前走の秋明菊賞の勝ちっぷりが強烈だった。中内田厩舎は、朝日杯を前出のダノンプレミアムとグレナディアガーズ、阪神ジュベナイルをダノンファンタジーと先週のリバティアイランドで制しているように、2歳GIに強いだけに怖い。

 ほかでは、前走のデイリー杯2歳ステークスを逃げ切ったオールパルフェ(牡、父リアルスティール、美浦・和田雄二厩舎)、そのレースで豪快に追い込んで2着に来たダノンタッチダウン(牡、父ロードカナロア、栗東・安田隆行厩舎)、1戦1勝だが新馬戦でスケールの大きさを感じさせる差し切り勝ちをおさめたレイベリング(牡、父フランケル、美浦・鹿戸雄一厩舎)も圏内だ。

 ◎ドルチェモア

 ○コーパスクリスティ

 ▲レイベリング

 ドルチェモアを全GI予想で本命にしていたのは、はっきり言ってマグレなのだが、奇跡的なマグレであることは事実なので、初志貫徹でいきたい。

 そのドルチェモアが1枠2番、コーパスクリスティが8枠16番、レイベリングが7枠14番を引いた。

 阪神ジュベナイルと違い、2014年から阪神で行われるようになった朝日杯では、枠の内外による有利不利はほとんどない。14年以降の8年で、1枠の馬がダノンプラチナ、ダノンプレミアム、グレナディアガーズと3勝、8枠の馬がリオンディーズ、サトノアレスと2勝している。

 勢いのある馬が多いだけに、ハイレベルな頂上決戦になりそうだ。

この記事の全文は「Number PREMIER」でお読みいただけます。
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
甦る死闘。 True Stories of 2023. - Number1086号 <表紙> 大谷翔平

Sports Graphic Number 1086
甦る死闘。
True Stories of 2023.

2023年12月7日発売
800円(税込)

Amazonで購入する

関連記事

BACK 1 2 3
ドルチェモア
コーパスクリスティ
レイベリング
オールパルフェ
ダノンタッチダウン
ドウデュース

競馬の前後の記事

ページトップ