Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[走り続けたエース]伊東純也「チームに捧げた快足」

posted2022/12/18 07:00

 
[走り続けたエース]伊東純也「チームに捧げた快足」<Number Web> photograph by Kiichi Matsumoto/JMPA

text by

浅田真樹

浅田真樹Masaki Asada

PROFILE

photograph by

Kiichi Matsumoto/JMPA

最終予選チーム最多得点で日本を本大会へと導いたスピードスターは、新たに与えられた守備的なタスクを懸命にこなし最後までチャンスを窺った。一切の泣き言もなく、涼しい顔で走り続けた先に見えたものとは――。

「小さいころは、この舞台に立てるとは想像すらできなかった」

 4年に一度のワールドカップについてそう語る伊東純也に、しかし、気持ちが昂る様子もなければ、緊張も見られない。

 自身のデビュー戦となったドイツ戦の後には、「そんなの考える余裕もなく、守備に追われていた」。

 緊張したかと問われれば、「そうでもない」。中3日で試合をこなす日程についても「連戦は得意。個人的には全然大丈夫」。

 取材中に時折浮かべる、照れたような笑みが、そうした言葉に嘘や強がりがないことを物語っていた。

 ワールドカップだからと特別なことは何もない。伊東はいつものままだった。

 昨年9月から今年3月にかけて行われたワールドカップ最終予選を通じて、伊東は日本代表内における序列を動かし、自身の立場を確たるものにしていた。

 最終予選で決めたゴール数はチーム最多の4。チャンスメイカーにとどまらず、その存在は、もはやエースと呼ぶにふさわしいものにさえなっていた。

 ところが、ワールドカップ本大会が始まると、次第に風向きが変わっていく。

 グループステージ初戦のドイツ戦。日本は0-1で迎えた後半、従来の4-2-3-1から3-4-2-1へとシステム変更すると、以降の試合では、むしろ後者が主戦システムとなった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 2860文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

伊東純也
森保一
スタッド・ランス
カタールW杯
ワールドカップ

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ