Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[異端児の咆哮]伊東純也「強いとこを食うのが好きですから」

posted2022/05/06 07:04

 
[異端児の咆哮]伊東純也「強いとこを食うのが好きですから」<Number Web> photograph by Ryu Voelkel

text by

熊崎敬

熊崎敬Takashi Kumazaki

PROFILE

photograph by

Ryu Voelkel

グループEの厳しい組み合わせにも、不敵な笑みを浮かべて「いつも通り1対1を仕掛けるだけ」と自信を見せる新エース。エリートコースの外だからこそ育まれた、型破りな素顔とは。

「いざ勝負! 行きますよー!」

 いきなりの声に驚いて顔を上げると、すでにブロンドのドリブラーが私の目の前に迫っていた。

「え、ちょっと待ってよ……」

 とりあえず足を出したとき、敵はもう目の前にいない。

「はいざんねーん!」

 リフティングしながら、伊東純也は高らかに勝ち誇った。

 2019年春先、ヘンク移籍直後の伊東を現地で取材したときのことだ。チーム練習が終わった昼下がり、スタジアム横のグラウンドで撮影の準備をしていたところ、ひまを持て余したのか、伊東が突如ドリブルを仕掛けてきたのだ。

 50の大台が近づいていたとはいえ、私もかつてはサッカー少年。簡単には引き下がれない。再勝負を挑んだものの、駆け引きする間もなく一気にぶち抜かれた。

「はい、おつかれー!」

 いたずらっぽい笑みを浮かべる伊東は、まさにサッカー小僧だった。

 オンラインのインタビューで3年ぶりに再会した伊東は、このときの1対1を憶えてくれていた。

「あーそれ、ユースのグラウンドすね」

――それでぼくはいま、伊東さんと1対1で勝負して抜かれたんだよって、いろんな人に自慢してるんです。

 すると画面上に映る伊東は、は? と首をかしげ、半笑いで言った。

「そんな抜かれたこと自慢になんないっす」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 4587文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

伊東純也
ヘンク
神奈川大学
大森酉三郎
関森悟
ヴァンフォーレ甲府
森淳
カタールW杯
ワールドカップ

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ