Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[強国粉砕の決勝ゴール]浅野拓磨「汗だくの練習着が生んだ一撃」

posted2022/12/06 15:00

 
[強国粉砕の決勝ゴール]浅野拓磨「汗だくの練習着が生んだ一撃」<Number Web> photograph by Atsushi Tokumaru

text by

戸塚啓

戸塚啓Kei Totsuka

PROFILE

photograph by

Atsushi Tokumaru

メンバー落ちした前回大会の悔しさを胸に刻み、W杯で活躍する自分を思い描いて突き進んできた。名手ノイアーのニアサイドを打ち破った決勝弾は、“持ってる男”の後悔のない日々の結実である。

 4年分の思いを、一撃に込めた。

 ドイツとのグループステージ初戦、システム変更で試合の流れを劇的に変えた日本は、75分に堂安律が同点弾を決めたあとも攻勢を強め、1対1の状況で83分を迎えていた。

 自陣右サイドでFKを得て、板倉滉がボールをセットする。最前線で待ち構える浅野拓磨は、「来るな」と感じた。

 浅野と板倉は、ともに9月に膝の内側側副じん帯を痛めている。ふたりは日本サッカー協会がドイツに構える施設へ通い、リハビリに汗を流した。

「滉とは毎日顔を合わせていて、やれるよって励まし合いながらここまでやってこられた。ケガをしてから意思疎通ができているので、あ、来るなと思ったんです」

 果たして、板倉は浅野を見ていた。

「リハビリを一緒にしているからか分からないけれど、良く目が合うんです。拓磨くんの動き出しが見えたので迷うことはなく、いいボールを届けたいなと思いました」

 オフサイドラインを際どくかいくぐった浅野は、ファーストタッチと同時に縦方向へ加速する。後方からニコ・シュロッターベックが身体をぶつけてくるが、外へ押し出されることなく突き進む。ゴールエリア内まで侵入すると、右足でニアサイド上を打ち抜いた。

「正直ニア上を狙ったわけではないですけど、思い切って蹴った結果があそこにいって。ここで僕が狙ったと言ったら狙いどおりのゴールになりますけど、思い切ってやったからこそああいうコースにいったので。みんなの気持ちが強いぶん、そういうものがボールに乗っかるのかなと改めて思いました」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 2022文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

浅野拓磨
板倉滉
吉田麻也
ヴァイッド・ハリルホジッチ
森保一
サンフレッチェ広島
カタールW杯
ワールドカップ

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ