Beyond The GameBACK NUMBER

言葉、報道、番狂わせ。「驚き」と「想定内」のW杯。

posted2022/12/04 07:00

 
言葉、報道、番狂わせ。「驚き」と「想定内」のW杯。<Number Web> photograph by Getty Images

後ろからのロングボールを超絶トラップ、信じられない角度でニアサイド上に蹴り込んだ驚きのシュート

text by

藤島大

藤島大Dai Fujishima

PROFILE

photograph by

Getty Images

 カタールでのサッカーのワールドカップ(W杯)。最初の驚きは「クウキカン」だ。大会2日目の米国-ウェールズ戦のキックオフ前、NHKの実況者が言った。

 解説の播戸竜二は前日のウェールズの練習を取材していた。そこで酒井博司アナウンサーが聞く。

「空気感、どうでしたか」

 えーっ、空気感、アナウンス室では解禁なのか。辞書にない若者言葉と思い込んでいた。広辞苑を確かめる。なかった。

「空気瓦斯」の次は「空気機械」へ飛ぶ。もっとも愛用の「第二版補訂版」は1976年12月の発行だ。いまインターネットで検索したら写真の用語にあるらしい。プリントされても、ふくらみ、匂い立つ。そんな意味か。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 984文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

カタールW杯
ワールドカップ

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ