珠玉の1敗BACK NUMBER

川島永嗣――屈辱を乗り越えて知った。大事なのは、平常心。

posted2022/11/29 07:00

 
川島永嗣――屈辱を乗り越えて知った。大事なのは、平常心。<Number Web> photograph by KYODO

代表で先発の座をつかめなくても、準備を怠ることは決してなかった

text by

二宮寿朗

二宮寿朗Toshio Ninomiya

PROFILE

photograph by

KYODO

第一線で活躍するアスリートは、敗戦から何を学ぶのか――。森保ジャパンの最年長、39歳のゴールキーパーが挙げたのは、13年前のアジア最終予選、まさかのスタメン落ちだった。

【Defeated Game】
2009年2月11日 南アフリカW杯アジア最終予選
日本 0-0 オーストラリア

   ◇

 アスリートが捉える「敗北」は何も試合ばかりとは限らない。団体スポーツではチーム内のスタメン争いがあり、サッカーの場合、GKはわずか一つの席しかない。かつレギュラーGKは固定されるのが常識だ。控えに回ると、次にいつ自分の出番が訪れるかなど分からない。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 3489文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

川島永嗣
川崎フロンターレ
岡田武史
南アフリカW杯
カタールW杯
ワールドカップ

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ