野球クロスロードBACK NUMBER

5年前、大阪桐蔭で起きた“選手間の対立”…いま明かされる「最強チーム」の転機とは? 山田健太「癖が強い選手ばっかりでしたから」

posted2022/11/18 06:00

 
5年前、大阪桐蔭で起きた“選手間の対立”…いま明かされる「最強チーム」の転機とは? 山田健太「癖が強い選手ばっかりでしたから」<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

2018年の甲子園を春夏連覇した大阪桐蔭。中川卓也(当時主将)が「ターニングポイントだった」と語る試合とは

text by

田口元義

田口元義Genki Taguchi

PROFILE

photograph by

Hideki Sugiyama

 大阪桐蔭OBの小泉航平は、同校の監督である恩師、西谷浩一の言葉に耳を疑った。

「まだ弱い? なのに優勝したんですか?」

 西谷が「まだ弱い」と評したチームは、昨秋の明治神宮大会で初優勝を遂げた。だからこそ、小泉はそう訝しがったのである。

昨年の大阪桐蔭にあった「力がない」自覚

 チームに力がないことは、身内での会話だけでなく公に西谷が話していたことだ。東北や関東など各地区を制した強豪が「秋の日本一」を争う舞台で結果を残してもなお、監督は気持ちを引き締めていたほどである。

「謙遜しているわけではなく、大阪府大会も近畿大会もチームが不安定だったことは選手たちが一番わかっていると思います。そのなかで、誰かがバントミスしたら誰かが繋ぎのバッティングをしてカバーしたりと、修正しながら戦えたことが、最後に相手より勝った要因かな、と思っています」

 この世代は「力がない」ことを自覚していた。そのことは、キャプテンの星子天真が何度も唱えていたほどだった。

「自分たちに力がないことはわかっているので、『全員で束になって、泥臭く戦っていこう』とずっと話してきています。チームのしぶとさは成長してると思っています」

 明治神宮大会を制した昨年のチームは、選手たちの結束で技術不足を補い、翌春のセンバツ優勝へと繋げた。

 後輩の功績に、小泉が目じりを下げる。

「勝っても負けても、月日が経つごとにレベルアップできる。それが大阪桐蔭の強みなんだなって改めて感じました」

対して、根尾昂らがいた5年前のチームは…

 小泉たちの同学年には、根尾昂、藤原恭大、中川卓也ら、中学時代から名を馳せる選手たちがおり、「世代最強」と呼ばれてきた。そんな強者ぞろいのチームであっても、秋の覇権を握ることが叶わなかったのである。

【次ページ】 大阪桐蔭コーチが放った“痛烈な一言”

1 2 3 NEXT
中川卓也
小泉航平
星子天真
根尾昂
藤原恭大
山田健太
宮﨑仁斗
柿木蓮
横川凱
石川瑞貴
橋本翔太郎
西谷浩一
大阪桐蔭高校

高校野球の前後の記事

ページトップ