SCORE CARDBACK NUMBER

町田瑠唯も刺激を受けたエース。デレダンが見せたプロの姿勢。

posted2022/09/14 07:00

 
町田瑠唯も刺激を受けたエース。デレダンが見せたプロの姿勢。<Number Web> photograph by Yukihito Taguchi

アメリカ代表やオールスター常連の実力者。NBAでもなかなかいない50-40-90クラブを女子で初めて達成した

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

photograph by

Yukihito Taguchi

 今夏、WNBAのワシントン・ミスティックスでプレーした町田瑠唯が「今まで見てきたなかで一番プロフェッショナル」と感嘆した選手がいる。ミスティックスのエース、エレナ・デレダンだ。9月5日に33歳となるベテランで、WNBAのMVPを2回受賞し、オールスターに6回選ばれた名選手。アメリカ代表として’16年のリオ五輪、そして'18年のワールドカップで金メダルを取り、'19年にはWNBAでミスティックスを優勝に導いている。

 しかしその後、日常生活にも支障が出るほどの腰痛に悩まされるようになった。'20年に2度手術を受け、WNBAはほぼ2シーズン離脱。東京五輪も断念した。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 615文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

町田瑠唯
エレナ・デレダン
ワシントン・ミスティックス

バスケットボールの前後の記事

ページトップ