Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[腹心が語り合う]森繁和×松井優典「あの二人の野球談義は止まらなくて」

posted2022/09/08 07:01

 
[腹心が語り合う]森繁和×松井優典「あの二人の野球談義は止まらなくて」<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

text by

加藤弘士

加藤弘士Hiroshi Kato

PROFILE

photograph by

Takuya Sugiyama

古今東西、名将の陰には必ず名参謀の存在がある。ヤクルト、阪神、楽天と常に野村を支えた松井。落合が全幅の信頼を寄せ、投手陣を任せた森。共にした苦楽と指揮官の素顔を、二人が明かした。

――名将を支えた参謀と呼ぶに相応しいお二人ですが、野村さんと松井さんは15歳離れているのに対して、落合さんと森さんは1歳差。距離感は異なると思います。第一印象はどういったものでしたか。

松井 野村さんと最初に出会った時のことはよく覚えています。南海に入団した1‌96‌9年の1月31日。高知キャンプが始まる前日、旅館の大広間で選手全員のミーティングがあったんです。ほぼそろっているのに、始まらない。すると野村さんがのっそのっそと入ってきて、床の間にどーんと座った。圧倒的なオーラに驚きました。「4番・捕手」で、まさに雲の上の人。濃い時間を過ごすことになるのは、ヤクルトで再会してからです。野村さんはヤクルトに来たばかりの頃は、チーム内に知り合いもいなくて、僕が話し相手になりました。

 僕は社会人の全日本で欧州遠征した際、東芝府中の落合さんとチームメートになったのが出会いです。オランダのハーレムからイタリアに転戦して、強豪のキューバと対戦したりしてね。落合さんとは年齢も近いから、一緒に出かけたりもしました。

松井 プロ入りは同じ年になるんだね。

 僕が西武、落合さんがロッテで。一軍に定着後、西武球場で会った時、「お願いがあるんだ」って声をかけられまして。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 3858文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

森繁和
松井優典
落合博満
中日ドラゴンズ
野村克也
東京ヤクルトスワローズ
根本陸夫
川崎憲次郎
荒井幸雄

プロ野球の前後の記事

ページトップ