Number ExBACK NUMBER

「ノリが亡くなったことはやっぱり信じられない」弟・山本“KID”徳郁の話をしながら…山本美憂は涙を流した「あの日、ノリは泣いてた」 

text by

二宮寿朗

二宮寿朗Toshio Ninomiya

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2022/08/28 17:01

「ノリが亡くなったことはやっぱり信じられない」弟・山本“KID”徳郁の話をしながら…山本美憂は涙を流した「あの日、ノリは泣いてた」<Number Web> photograph by Getty Images

2018年9月、胃がんによって41歳で他界した山本“KID”徳郁(右)。左は弟子の堀口恭司(2015年のUFCで)

 病気が進行していて、沖縄から移動はできなかった。誰よりも厳しいコーチは泣いていたという。そして「自分が勝つよりもうれしい」と言ってくれた。

 あるとき、こう言われたことがある。

「いつか美憂と一緒にRIZINのリングに上がりたい」

 苦しいとき、つらいときにはこの言葉を胸から取り出した。そうするだけで頑張れた。KIDから直接指導を受ける時間は次第に減っていくことになるが、彼女は練習に打ち込んだ。

「ダメな試合はできません。少しでもノリに近づいて、ノリに負けないくらいの試合をしなきゃなりませんから」

 KIDは治療を目的に2018年には拠点をグアムに移した。美憂はそのタイミングで決まった石岡沙織戦をキャンセルしようとも考えたが、KIDの「勝ちグセをつけよう」という言葉で出場に踏み切る。この試合に勝利し、2カ月後の大会にも出場を志願してカードを組んでもらうことになった。自分が強くなっていけば、弟が喜ぶと考えていた。

「ノリはやっぱり優しいんですよ」

 しかしながら――。9月18日朝、弟は天国に旅立った。彼女は悲嘆に暮れながらも2週間後に迫っていたアンディ・ウィンとのリベンジマッチに向けてトレーニングを行なった。

「何かやっていないと精神的につらかったし、ノリだったら絶対に練習休むなよって言うはずですから」

 ミットを叩きまくった後、涙がとめどなく流れた。

 そして迎えたウィン戦。美憂は何度もタックルを決めてテイクダウンに成功、グラウンドで圧倒して見事判定勝ちをおさめる。試合後には天井を指差し、天国の弟に勝利を捧げた。

◆◆◆

 あれから4年。

 強くなって「ノリに負けないくらいの試合」を追い求めている。MMAファイターとしてキャリアを積み上げ、ようやくこの競技を深く味わうことができるようになってきた。

 KIDのマインドは常に心にある。

「ノリはやっぱり優しいんですよ。人を助けたり、面倒みたり。両親がそうなんです。父も、そして亡くなった母もそうなので。私もその優しさを持ちたいなって思っています」

 優しいから強くなれる。

 それも弟から学べたこと。

 涙を止め、姉は笑みを向ける。

 強くなろうとする姉を、弟は天国から厳しくも、優しく見守っている。「KRAZY BEE」にいると、そんな気がする。

<前編から続く>

山本“KID”徳郁(やまもと・キッド・のりふみ)

1977年3月15日、神奈川県生まれ。5歳でレスリングを始め、2000年に総合格闘技に転向。01年にプロデビュー。プロ修斗、K-1MAXで活躍。HERO’S 2005ミドル級王者に。その後、レスリング復帰やDREAM、UFCに参戦を果たした。18年9月、胃がんによって41歳で死去

#1から読む41歳で他界した神の子・山本“KID”徳郁「姉としてはちょっと怖かったですね」山本美憂がいま明かす、2歳差・弟の“100%やる人生”

関連記事

BACK 1 2 3
宮田和幸
RENA
村浜武洋
魔裟斗
須藤元気
堀口恭司
那須川天心
武尊

格闘技の前後の記事

ページトップ