Number ExBACK NUMBER

「ノリが亡くなったことはやっぱり信じられない」弟・山本“KID”徳郁の話をしながら…山本美憂は涙を流した「あの日、ノリは泣いてた」

posted2022/08/28 17:01

 
「ノリが亡くなったことはやっぱり信じられない」弟・山本“KID”徳郁の話をしながら…山本美憂は涙を流した「あの日、ノリは泣いてた」<Number Web> photograph by Getty Images

2018年9月、胃がんによって41歳で他界した山本“KID”徳郁(右)。左は弟子の堀口恭司(2015年のUFCで)

text by

二宮寿朗

二宮寿朗Toshio Ninomiya

PROFILE

photograph by

Getty Images

 山本“KID”徳郁を語る、姉の山本美憂。Number1054号格闘技特集でのインタビューは予定時間を大幅に超えた。姉として、レスリング仲間として、そしてMMAでは弟子として。誌面で描き切れなかった「未公開部分」を中心にここに公開したい(全2回の2回目/#1へ)。

「ノリが亡くなったことはやっぱり信じられない」

 希代の格闘家が胃がんによってこの世を去って4年が経とうとしている。姉の山本美憂のインタビューは東京・馬込にある彼が立ち上げた「KRAZY BEE」で実施された。ところどころにKIDの写真がニラミを利かせていて、入り口のショーケースには須藤元気を破って手にしたHERO’Sのベルトなど思い出の品がたくさん並べられていた。

「これ、ノリがずっと使っていたサンドバッグです。メチャメチャ硬いんですよ」

 ホントだ。素人がここに打撃を打ち込んだら返り討ちにされそうなくらい硬い。ポーカーフェイスで打撃を打ち込むサマが想像できる。と同時にこうやって話を聞いていると、どこか彼が近くにいるように感じてしまう。

 姉は言った。

Number最新号でインタビューに応える山本美憂。2016年9月にRIZINさいたまスーパーアリーナ大会のRENA戦でMMAデビュー ©Ichisei HiramatsuNumber最新号でインタビューに応える山本美憂。2016年9月にRIZINさいたまスーパーアリーナ大会のRENA戦でMMAデビュー ©Ichisei Hiramatsu

「ノリが亡くなったことはやっぱり信じられない。しばらくはずっとそんな感じが続きました。ノリのことで取材を受けていても、どこか現実味がなかった。でも……。私もMMAの世界に入って、ノリに教えてもらっていたころは何も分からなかったけど、少しずつ試合を重ねてきて、ちょっとは(MMAの)深いところも知るようになって、今ノリがいたら、どうやって勝とうかとかそういったところまで話ができたんだろうなって。そうしたら凄く楽しかっただろうなって」

 言葉が上擦り、止まった。

 美憂の目に涙が溜まっていた。

コーチのKIDはとても怖かった

 彼女がMMAファイターとして「KRAZY BEE」の一員になったのは2016年夏のこと。KIDから病気の事実を伝えられたのとほぼ同時期であった。

 当初は危険だからと反対されていた。暮らしていたカナダから打撃を始めた映像を送って本気度を伝え「分かったから、日本に来い」とコーチを引き受けてもらったのだ。一緒にいる時間が長くなることで、闘病生活においてサポートができるとも考えていた。

 長男のアーセンとともに弟子入り。コーチのKIDはとても怖かったという。

【次ページ】 コーチのKIDはとても怖かった

1 2 3 NEXT
宮田和幸
RENA
村浜武洋
魔裟斗
須藤元気
堀口恭司
那須川天心
武尊

格闘技の前後の記事

ページトップ