Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[メイウェザー戦直前]朝倉未来を紐解く5つの鍵

posted2022/08/26 07:04

 
[メイウェザー戦直前]朝倉未来を紐解く5つの鍵<Number Web> photograph by RIZIN FF Susumu Nagao

text by

橋本宗洋

橋本宗洋Norihiro Hashimoto

PROFILE

photograph by

RIZIN FF Susumu Nagao

日本MMA界を代表する選手でありながら、YouTubeやプロデュースも成功。これまで人々が持っていたファイター像を大きく変えた男の頭の中は計り知れない。そんな“異端のトップランナー”をこれまでの歩みや言動から分析する。

 日本MMAにおける新時代の顔といえば、未来と海の朝倉兄弟だ。“不良格闘技”大会『THE OUTSIDER』で兄弟ともにチャンピオンになるとRIZINに乗り込み、弟の海はバンタム級タイトルを獲得。海を格闘技の道に引き込んだ未来は、9月25日のスペシャルイベント『超RIZIN』で元ボクシング世界5階級制覇のフロイド・メイウェザーJr.と対戦する。

 故郷、愛知県豊橋市で喧嘩三昧の日々を過ごしていた少年がボクシング世界最高峰のビッグネームと拳を交える。その過程で何があったのか。未来はどんな強さを持ち、何が魅力なのか。5つのキーワードから、その独自性と現代性を紐解いてみたい。

 未来は1992年生まれ。少年時代は空手と相撲を習っていた。中学に入った頃からひたすら喧嘩の日々。自分から喧嘩を売ることはなかったが、売られた喧嘩はすべて買った。自伝『路上の伝説』によると、相手が複数の時も多く「誰でもいいからかかってこいよ」が口癖になっていた。

 暴走族50人に2人で立ち向かい、袋叩きにされたこともある。それがきっかけで自分も別の暴走族に入った。暴走族に興味はなかったが「暴走族対暴走族」になれば対等な関係。相手はもう数に任せて屈服させるような卑怯な真似はできない。実際、暴走族同士の抗争で「一番強い者同士」のタイマンとなり、未来が相手を一撃で倒したという武勇伝も。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 2953文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

朝倉未来
朝倉海
フロイド・メイウェザー・ジュニア
日沖発
斎藤裕
クレベル・コイケ
堀口恭司
青木真也
榊原信行
那須川天心

格闘技の前後の記事

ページトップ