Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[最後の夏からはじまった(2)]村上宗隆「大砲を育てた“もう一回”への日々」

posted2022/08/06 07:02

 
[最後の夏からはじまった(2)]村上宗隆「大砲を育てた“もう一回”への日々」<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph by

Hideki Sugiyama

グラウンドに出れば誰よりも大声で仲間を鼓舞し、ここ一番では自らのバットで試合を決める――。球界を代表するスラッガーの原点は、高校時代にあった。県内の“宿敵”としのぎを削り、味わい続けた敗北。恩師と後輩の記憶で、頼れる主将の姿を描き出す。

 2015年、高校1年の夏、村上宗隆は甲子園の土を踏んだ。九州学院の4番打者として。結果は初戦負けだったものの、この初舞台は彼にとって序章にしか過ぎず、甲子園の再訪は約束されている。誰もがそう感じていた。

 1995年から九州学院を率いる坂井宏安は、夏の甲子園が終わってから村上を一塁手から捕手へとコンバートした。坂井の観察によれば、村上は記憶力が抜群であり、この能力を生かさない手はない。もしも、捕手として配球を勉強すれば、打者として応用が利くようにもなるはずだ。

 打撃では、「器」を大きくしてほしいと考え、徹底してフライを打つように指導した。

「ムネ、内野ゴロを打ったらいかん。そのかわり、内野フライになってもいいけん、球にスピンばかけて、遠くへ飛ばすイメージして打て」

 村上はその教えを忠実に守り、ボールを遠くへと運ぶことを意識するようになった。

 村上とバッテリーを組む1学年下のサイドスロー投手、田尻裕昌は何度も村上のアーチを見た。田尻が最も度肝を抜かれたのは、明治大学との練習試合だった。村上の学年では、早稲田実業の清宮幸太郎が有名で、それに比べて村上は全国区というわけではなかった。おそらく、大学生も村上のことは知らなかっただろう。ところが、村上はどでかいホームランを放ち、明治の学生を唖然とさせた。田尻は村上から打撃の極意を聞いたことがあった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 3492文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

村上宗隆
九州学院高校
坂井宏安
田尻裕昌
秀岳館高校
東京ヤクルトスワローズ

高校野球の前後の記事

ページトップ