Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[スペシャル同窓会]早稲田実業 斎藤佑樹&優勝メンバー「伝説の決勝、16年後の空」

posted2022/08/04 07:04

 
[スペシャル同窓会]早稲田実業 斎藤佑樹&優勝メンバー「伝説の決勝、16年後の空」<Number Web> photograph by Kotori Kawashima

左から船橋悠、後藤貴司、斎藤佑樹、小栁竜巳

text by

石田雄太

石田雄太Yuta Ishida

PROFILE

photograph by

Kotori Kawashima

エース斎藤、犠打の達人2番小栁、4番の主将後藤、ここ一番に強い5番船橋。'06年夏決勝、早実vs駒大苫小牧。あの2日間の死闘は、'22年を生きる彼らに何を残しているのか。当時の映像を観ながら、笑顔とともに語り合った。

 2006年、夏の甲子園。

 早稲田実業と駒大苫小牧の決勝前夜。武庫川畔にある水明荘では、宿泊する早実の選手たちにステーキとトンカツが振る舞われた。「敵(テキ)に勝つ(カツ)」――24イニングスを戦い抜いて勝利をつかんだ早実のメンバー、斎藤佑樹、小栁竜巳、後藤貴司、船橋悠の4人が16年経った今、初めてあの2試合の映像をじっくりと観た。

船橋 いやあ、じっくり観るの初めてだ。

小栁 テキとカツ、食ったね。

後藤 結局、2夜連続だったんだよ。

小栁 うん、次の夜も食べた気がする。またかよとか、ブーブー言いながら(笑)。

船橋 あんまり晴れてないね。曇ってる。

斎藤 そうそう、だから助かった。

小栁 そういえば斎藤のユニフォームだけやけに白い説ってあったなぁ。

斎藤 なに、それ(笑)。

小栁 ほら、ユニフォームってみんな手洗いだったじゃん。斎ちゃんのだけ、なぜかいっつも綺麗なんだよな。それが斎藤佑樹の爽やかさをより強調してた説(笑)。

〈1回表 駒苫1番三谷 右安〉

後藤 これね、いきなり苫小牧は強いって感じのヒットだったね。

小栁 試合が始まったときはやたらとアウェイ感あったよ。苫小牧の応援、凄かった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 7660文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

早稲田実業高校
駒大苫小牧高校
斎藤佑樹
小栁竜巳
後藤貴司
船橋悠
中沢竜也
本間篤史
川西啓介
田中将大
菊地翔太
和泉実
三木悠也
檜垣皓次朗
香田誉士史
岡川直樹
白川英聖
佐々木慎一

高校野球の前後の記事

ページトップ