SCORE CARDBACK NUMBER

パパになったカープのエース、大瀬良大地を支える右の股関節。

posted2022/06/03 07:00

 
パパになったカープのエース、大瀬良大地を支える右の股関節。<Number Web> photograph by KYODO

5/20の中日戦は大量リードに守られ8回121球5失点でリーグトップタイ(5/25現在)の5勝目を挙げた

text by

石田雄太

石田雄太Yuta Ishida

PROFILE

photograph by

KYODO

 大瀬良大地は振りかぶる。かつては当たり前だったワインドアップだが、今や右の振りかぶるピッチャーは数えるほどしかいない。

「振りかぶるのって、カッコいいじゃないですか。僕が小さい頃に見ていた先発ピッチャーは振りかぶって投げる人ばかりでしたし……印象に残っているのは松坂大輔さんです」

 もちろん、見た目だけではない。ピッチングをロジカルに考え尽くす大瀬良にとって、やれ無駄な動作だ、安定しないなどと酷評されがちなワインドアップも、じつはメリットになっているというから驚かされる。

「僕は振りかぶって右足一本で立ったとき、右の股関節にしっかりと体重が乗って、骨盤がカチッとハマる感じが欲しいんです。それさえできれば、あとはどうにでもなる。アウトコースでもインコースでも、まっすぐでもカットでもフォークでも、どうにでも操れる感覚になります」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 558文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

大瀬良大地
広島東洋カープ

プロ野球の前後の記事

ページトップ