欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

「山の斜面にスタジアム」「守田英正のお薦め料理は…」日本代表MFが戦う“離島クラブ”は美しい風景とグルメ満載だった《現地で撮影》 

text by

中島大介

中島大介Daisuke Nakashima

PROFILE

photograph byDaisuke Nakashima

posted2022/05/14 06:00

「山の斜面にスタジアム」「守田英正のお薦め料理は…」日本代表MFが戦う“離島クラブ”は美しい風景とグルメ満載だった《現地で撮影》<Number Web> photograph by Daisuke Nakashima

守田英正が奮闘するサンタクララ。そのホームタウン、サンミゲル島はどんなところなのか

 この土地で育まれた食材を、大地の力で調理する。大雑把な味だったことも含めて、この島でしか得ることのできない貴重な経験となった。

 そして海鮮料理も、もちろん忘れることはできない。

 本文記事に出てくる、守田が薦めてくれた島の逸品がある。「Arroz de marisco」、これを食べに向かったのがレストランCais 20。

欧州本土で食べられない高級魚、ナゾの貝も

 さらに登場したのは“高級魚チェルネ”。欧州本土にはほとんど回ってこないというそれは、白身ながら脂ののった風味。うなぎの白焼き欧州風とでも言ったところか。

 またラパスという見たことのない貝も、アソーレスの名産だとか。オリーブオイルとニンニクで炒められたそれは、アワビよりやや小さいながら、コリコリとした食感、身の裏にはサザエの肝のような部分があり、その苦味も堪能できる。

 料理には、アソーレス諸島のピコ島産の白ワイン。黄金色強めで独特の味わいが料理に合う。その味わいは、アルコール度数は13%ながらもポートワインやマディラワインのような酒精強化ワインに通ずるものがあった。

 最後に紹介したいのは、アソーレス諸島でのみ製造、消費されているというビール、その名もESPECIAL――特別な――という意味がある。

 色味がやや薄く、シャンパンの色感。

 全ての撮影を終え口にしたそれは、正に“ESPECIAL”だった。

<W杯へ!サムライブルーの野望>日本代表、欧州に挑む。

「Amazon」で購入

Sports Graphic Number 1050

<W杯へ!サムライブルーの野望>
日本代表、欧州に挑む。

サッカー日本代表、海外組特集!

【新エースに訊く】
伊東純也「大物食いは、大好物」

【越境者たちの決意】
三笘薫/田中碧
南野拓実/吉田麻也
遠藤航/守田英正

【代表戦士製造工場】
フロンターレが日本を救う

【E組監督Wインタビュー】
森保一/ハンジ・フリック

【別冊付録】
新時代のモータースポーツ

定価:本体700円(税込)目次ページへ

関連記事

BACK 1 2 3 4
守田英正
サンタクララ
食野亮太郎

海外サッカーの前後の記事

ページトップ