Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[ブンデス2部からの下克上]田中碧「フットボールは雨のち晴れ」

posted2022/05/06 07:03

 
[ブンデス2部からの下克上]田中碧「フットボールは雨のち晴れ」<Number Web> photograph by Shinji Minegishi

text by

飯尾篤史

飯尾篤史Atsushi Iio

PROFILE

photograph by

Shinji Minegishi

移籍1年目のドイツでは悪戦苦闘が続き、確固たる地位を築けていない。一方、日本代表での日々は喜びと充実感に溢れ、自身の成長も実感した。今は強国待ち受けるW杯本大会が楽しみで仕方ないと胸躍らせている。

 キラキラと輝いて見えたのは、大きな窓から差し込む春の光に包まれていたことだけが理由ではないだろう。

 待ち合わせたホテルのラウンジに姿を現した田中碧は、ソファーに腰を下ろすやいなや、「いいタイミングになりましたね」と笑みを浮かべた。彼がそう語りかけてきたのは、嬉しい出来事があったからだ。インタビューの2日前――。

 4月8日に行われたドイツ2部のハンザ・ロストック戦。前半13分、左サイドからグラウンダーのクロスが送り込まれると、ゴール正面で待ち構えていた田中は滑り込んでくるDFを見極めてやり過ごし、右足で合わせてゴールネットを揺らした。

 2021年8月20日にデュッセルドルフでデビューしてから7カ月半、待望の初ゴールだった。

「ボールを蹴る瞬間、敵がちゃんと見えていて、落ち着いて決められた。『持ってない』って言い方はしたくないんですけど、こっちに来てからは入りそうで入らないことが続いていたので、ようやく点が取れて、とにかくホッとしています」

 日本代表のW杯最終予選でスタメンに抜擢された'21年10月のオーストラリア戦で先制ゴールを決めたように、どちらかと言えば「持っている」タイプのはずだ。にもかかわらず「持ってない」という言葉が出るのは、それだけ苦しんでいた証と言える。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 4693文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

田中碧
デュッセルドルフ
川崎フロンターレ
守田英正
カタールW杯
ワールドカップ

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ