スポーツまるごとHOWマッチBACK NUMBER

《新庄ビッグボスが導入で話題》バラエティでも使われる“超高級”バーチャル投球マシン、何がそんなにスゴイの?「本体だけで280万円」

posted2022/05/08 06:01

 
《新庄ビッグボスが導入で話題》バラエティでも使われる“超高級”バーチャル投球マシン、何がそんなにスゴイの?「本体だけで280万円」<Number Web> photograph by KYODO

新庄監督が自ら導入を決めた投球マシン「ユーティリティーエース」は本体だけで280万円の超高級品

text by

熊崎敬

熊崎敬Takashi Kumazaki

PROFILE

photograph by

KYODO

『Sports Graphic Number』で好評連載中の「スポーツまるごとHOWマッチ」を特別に公開します! <初出:1047号(2022年3月17日発売)、肩書きなど全て当時>

 フラフープを通す遠投や武井壮、室伏広治臨時コーチの招聘など、サプライズ盛りだくさんだったファイターズ沖縄キャンプ。その2日目には新庄剛志BIGBOSS自らが導入を決めたバーチャル投球マシンが話題となった。

 タイガース藤浪晋太郎の映像に合わせて繰り出されるストレートに、ファイターズの打者たちは大苦戦。これは株式会社キンキクレスコが開発した「ユーティリティーエース」というマシンで、スポーツバラエティ番組『とんねるずのスポーツ王は俺だ!!』でも活躍中。価格はマシン本体が280万円、映像機器は100万から200万円する(いずれも税別)。投球マシンとしては、最新鋭かつ最高級の逸品だ。

 キンキクレスコが丸紅、日立製作所とともに、日本初となるバーチャルの投球マシンの開発に着手したのは1993年。それは全国のバッティングセンターに普及していった。

プロ投手ならではの“伸び”も完全再現

 ユーティリティーエースはその後、プロ野球界でも重宝されるようになる。苦手投手克服のため、2015年に採用したバファローズをはじめ、多くの球団がキャンプに導入するようになった。だが、その道は平坦ではなかった。同社営業部長の武田隆之介さんが言う。

「3社で共同開発したマシンをある球団のキャンプに持ち込んだところ、打席に立った打者がストレートを見て首をかしげているんです。どういうことかコーチ陣にたずねたところ、プロ投手ならではの伸びがない、軌道が落ちていると指摘されたのです」

 軌道の垂れ。それはプロでなければ気づかないような、微妙なものだった。だが妥協を許さずマシンの開発に努めてきた同社は、この欠点の解消に真正面から取り組む。

「金沢大学の協力を仰ぎ、質のいいボールの回転を追求しました。プロが投げる球筋は一般の人とは違い、終速に向けて加速し、浮き上がるように見える。その軌道をどう実現するか。闇雲に回転数を上げても、バランスが悪ければスリップを起こしてしまう。従来、ボールに回転を与える3つのホイルをYの字にしていたのですが、試行錯誤の結果、Yの字を天地逆さにすることで理想の軌道を実現することができたのです」

 文章にすれば、わずか数行。だが現実には10年以上の歳月を費やしたというのだから、これはもう執念の賜物というほかない。

 プロの厳しい要求から逃げず、全力で応える技術者、研究者たち。彼らもまた、日本野球の発展を力強く支えているのだ。

\プロ野球2022開幕直前/今年も絶対、スワローズ。

「Amazon」で購入

Sports Graphic Number 1047

\プロ野球2022開幕直前/
今年も絶対、スワローズ。

東京ヤクルトスワローズの「今と昔」を大特集。
主力選手連続インタビュー!

豪傑ここにあり 村上宗隆

GOGO! 若武者 奥川恭伸

守備でも一番に 山田哲人

楽しく! 連覇へ! 髙津臣吾

【燕クロニクル】
わが心の関根ヤクルト
野村ID最後の日
愛しの外国人図鑑 ほか

定価:本体700円(税込)目次ページへ

関連記事

藤浪晋太郎
新庄剛志
北海道日本ハムファイターズ

プロ野球の前後の記事

ページトップ