Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[密着ドキュメント 野球伝承の旅]イチローは、高校生に何を伝えたのか?

posted2022/04/14 07:06

 
[密着ドキュメント 野球伝承の旅]イチローは、高校生に何を伝えたのか?<Number Web> photograph by Naoya Sanuki

text by

石田雄太

石田雄太Yuta Ishida

PROFILE

photograph by

Naoya Sanuki

昨冬、世界最高のヒットメイカーが球児を熱血指導した。のちにセンバツ4強となる東京の進学校、全国を目指す千葉の実力校、香川の甲子園常連校――異なる背景をもつ3校訪問の足跡を辿る。

 昨年の11月、スワローズが極寒の神戸でバファローズを下して日本一に輝いた、その翌朝のこと。冬の晴れ渡った青空が広がる千葉の高校にイチローがやってきた。

「気持ちのいい空気が流れてるね。僕に何ができるのかはわからないけど、おそらく一緒に動けるメニューもあるだろうし、彼らには何かのきっかけになるようなものを届けられたらいいなと思っています」

 2021年11月28日。

 千葉明徳のグラウンドに、國學院久我山の選手たちが到着した。秋の東京大会を制して翌春のセンバツへの出場を確実視されている高校が、千葉県でベスト8の壁を突破できないでいる高校のグラウンドで練習試合を行う。そして、その試合をイチローが観ている――俄には理解しがたいこの状況、じつは2年目となるイチローの高校野球へのアプローチ、その始まりだった。

 東京の國學院久我山。

 千葉の千葉明徳。

 香川の高松商業。

 イチローが指導することが決まって、まずは関東の両校が練習試合をすることになった。両校の選手たちはイチローが現れることを知らされていなかった。國學院久我山の選手たちに至っては、練習試合を観に来た目の前のイチローは、千葉明徳の指導に来たものと思って羨ましがっていたほどだ。その翌日、イチローが突然、久我山の校庭に現れたのだから驚くのも無理はない。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 6501文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

イチロー
國學院久我山高校
千葉明徳高校
高松商業高校
長尾健司

高校野球の前後の記事

ページトップ