Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[渾身の147球がくれたもの]イチローvs.女子高校選抜「真剣勝負にキャッキャして」

posted2022/04/14 07:02

 
[渾身の147球がくれたもの]イチローvs.女子高校選抜「真剣勝負にキャッキャして」<Number Web> photograph by Naoya Sanuki

text by

熊崎敬

熊崎敬Takashi Kumazaki

PROFILE

photograph by

Naoya Sanuki

その初球を目の当たりにした監督は、「みんな三振するかも」と不安に襲われた……。手加減など一切なし、レジェンド渾身の豪速球を体感した彼女たちが学び得たものとは。

《イチロー氏の草野球チームが女子高校選抜とエキシビションで対戦》

 昨年12月某日、ヤフーニュースの見出しを見て全国の女子球児たちが目を丸くした。

「あれ? 今度私が行くヤツじゃん!」

 イチロー&女子野球のプロジェクトは、半年前から極秘裏に動き出していた。直前までイチローの名は伏せられ、女子野球連盟は強化合宿の名目で、女子の硬式野球部を持つ高校の指導者に「卒業後もハイレベルな環境で競技を続ける3年生を1名推薦してください」と呼びかけていた。そうして集まった23人が急遽、イチローと高校生活最後の試合を戦うことになったのだ。

 卒業を控えた彼女たちにとって、30も年が離れたイチローは“歴史上の人物”に近い。

 福知山成美高から福井工大に進んだ捕手、神野百花が教えてくれた。

「私にとってイチローさんは、幼いころから大好きな川﨑宗則選手が尊敬する選手というイメージ。WBCの決勝でも、川﨑選手の次のイチローさんが決勝タイムリーを打ったのを憶えています。私はキャッチャーなので、その日からどうやってイチローさんを抑えようか考えるのが楽しくなって」

 そして12月18日、イチローの草野球チーム「神戸智辯」と女子高校選抜の対戦がほっともっとフィールド神戸で実現する。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 2288文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

イチロー
神野百花
中島梨紗
吉安清
富田彩加

高校野球の前後の記事

ページトップ