Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[巻頭インタビュー]イチロー「考える野球とは?」

posted2022/04/14 07:07

 
[巻頭インタビュー]イチロー「考える野球とは?」<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

text by

石田雄太

石田雄太Yuta Ishida

PROFILE

photograph by

Takuya Sugiyama

「僕にはこれ以上、情熱を注げるものはありません」現役を退いた後も野球を愛し、自らの経験や考えを惜しげもなく披露する。伝道師のごとく活動を続けるイチローが後輩たちに受け継いでほしいものとは?

――今日、イチローさんが着ているのは「ちゃんとやってよ」のTシャツです。思えば一昨年の冬、初めて対峙した高校生が智辯和歌山の選手たちでした。そのとき、イチローさんが残したのがこの言葉です。その後、智辯和歌山は夏の甲子園で優勝、まさしく「ちゃんと」やりましたね。

「普段、中谷(仁)監督から『自分で考えなさい』という指導を受けて育った智辯和歌山の生徒たちですから、僕が想像しているものから、さらに深いものまで、さまざまな解釈をしていると思います。しかし目標として掲げていた甲子園での優勝を本当に達成するとは……恐れ入りました」

――優勝してから智辯和歌山の選手たちと話をすることはできましたか。

「昨オフ、みんなからの手紙をもらったんです。届いた日、食事をしてお酒も飲んで、いい気分で部屋に戻って読んだらボロボロ泣けてきた。そこにはみんなの想いが詰まっていて……グラウンドで時間を共有しているときにも感じることですが、手紙に記されていたのは、野球がうまくなりたいという想いだけではなかった。もっと上のレベルの野球選手を目指してはいるんだけど、決してそれだけじゃない。この先、生きていく上で、あの3日間を持っていきます、そんなニュアンスが感じられてすごく嬉しかった」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 6232文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

イチロー
智弁和歌山高校
仰木彬
松坂大輔
細川凌平
フリオ・ロドリゲス
國學院久我山高校
高松商業高校
千葉明徳高校

高校野球の前後の記事

ページトップ