Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[ミスタースワローズの回想]若松勉「1978と2001、2つの日本一をつなぐもの」

posted2022/03/19 07:03

 
[ミスタースワローズの回想]若松勉「1978と2001、2つの日本一をつなぐもの」<Number Web> photograph by Koji Asakura

'01年、近鉄を倒して5度目の日本一に。シリーズでヤクルト生え抜き監督が宙を舞ったのは初めてだった

text by

赤坂英一

赤坂英一Eiichi Akasaka

PROFILE

photograph by

Koji Asakura

現役時代は黄金期の阪急を倒し、監督としても強力打線の近鉄を下した。異なる立場でスワローズを日本一に押し上げたレジェンドが当時を振り返る。

 通算打率歴代1位(6000打数以上)の3割1分9厘を誇る「ミスタースワローズ」若松勉は、球団史上初めて選手、監督の両方で日本一を達成した人物である。

 選手時代は1978年、セ・リーグ2位の打率3割4分1厘で球団創立29年目の初優勝に貢献し、シーズンMVPも受賞。日本シリーズでも黄金時代の阪急(現オリックス)を破り、1本塁打を含む9安打3打点と活躍して優秀選手賞に選ばれた。

「打撃に関しては、打率だけはという思いでやってましたね。毎年、前の年より絶対に打率を上げようと、そういう目標を頭に置いてキャンプから入っていった」

 いつもアベレージを上げることに必死だったからか、1本1本の安打の内容ははっきりと記憶していないという。'78年の日本シリーズについても、こう振り返った。

「一番の思い出と言ったらやっぱり、僕のヒットよりも、大杉(勝男)さんが後楽園球場の第7戦で打ったホームランだよね。上田(利治・阪急監督)さんがファウルだと延々と抗議していて、僕ら、1時間以上(1時間19分中断)も待ったんだから」

 実は、第7戦では若松も2安打しており、第3戦で完封された足立光宏の攻略に一役買った。が、「覚えてないなあ」と笑う。

「そもそも、まさか阪急に勝てるとは思ってもいなかったんです。あのころの阪急はシリーズを3連覇していて、打線も投手も力のあるすごい選手がそろっていたから」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 2790文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

ヤクルトスワローズ
若松勉
大杉勝男
広岡達朗
池山隆寛
岩村明憲
古田敦也

プロ野球の前後の記事

ページトップ