JリーグPRESSBACK NUMBER

「三木谷会長の選択を間違いには絶対したくない」三浦淳寛の背中を押した言葉とは? 指揮官がいま明かす“ヴィッセル神戸を率いる覚悟” 

text by

寺野典子

寺野典子Noriko Terano

PROFILE

photograph byNaoki Nishimura/AFLO SPORT

posted2022/03/05 11:00

「三木谷会長の選択を間違いには絶対したくない」三浦淳寛の背中を押した言葉とは? 指揮官がいま明かす“ヴィッセル神戸を率いる覚悟”<Number Web> photograph by Naoki Nishimura/AFLO SPORT

アンドレス・イニエスタに指示を送るヴィッセル神戸の三浦淳寛監督。J屈指のタレント集団を機能させ、昨シーズンはACL出場権を獲得した

コーチ陣への信頼「ひとりでやる能力は僕にはない」

――なにより連敗していないという点が順位に繋がったと感じます。

 うちはすごく優秀な分析班がいて、データを活用しながら、次の試合にいかに勝つかを全員で検討しています。100以上あるデータのなかから、どれをどのように示せば、選手に響くのかを考えます。うちはスタッフミーティングの回数が本当に多いんですよ。

――それだけスタッフの声を聞いていると。

 監督としての僕の持ち味、よいところ、悪いところというのは、自分自身でも理解しているつもりです。今のコーチ陣は、僕に持っていないものを持っています。またコーチ陣にもキャラクターがあり、長所も異なる。だから、一人ひとりに明確な役割を与えて、それぞれの強みを活かせる環境にしたことがよかったと思います。

――スタッフのマネージメントも監督の大きな仕事ですね。監督ひとりでやろうとしても限界がありますから。

 ひとりでできる監督もいるとは思うけれど、僕は絶対に無理です。やっぱり優秀なコーチが絶対に必要だし、それぞれの特徴を活かしながらチームを作っていかないと。ひとりでやる能力は僕にはないと思うので、そういう意味ではコーチ陣に助けられています。

――選手ミーティングも多いんですか?

 そうですね。多いかもしれません。でもそういう時間があると、自然と一体感が生まれてくるんです。ミーティングは「誰もが本気で取り組んでいる」と共有できる時間でもあると思っています。

――監督業の充実感は高いですか?

 僕は基本的に勝負事が好きなんですよ。エレベーターを待っているときに、「こっちのエレベーターのほうが先に来るぞ」って、そういうくだらない勝負をするくらいに(笑)。だから、プロ同士の本気の勝負っていうのはすごく燃えますね。

――監督としての野望のようなものはありますか?

 あまり先のことは考えていません。今年1年の目標があり、選手がそれに向き合って努力しているので、なんとか最後に彼らが喜べるような結果を残したい。もちろん、サポーターにも喜んでほしいです。ヴィッセルが強くなれば、神戸も盛り上がりますから。勝って満足できるようなシーズンにしたい。そこだけですね。<後編へ続く>

#2に続く「8時前には練習場に来い」「このままだと下のカテゴリーに行くぞ」神戸・三浦淳寛監督が若手選手に“厳しい言葉”をかける理由

関連記事

BACK 1 2 3 4
ヴィッセル神戸
三浦淳寛
三木谷浩史
アンドレス・イニエスタ
トーマス・フェルマーレン
セルジ・サンペール
ボージャン・クルキッチ
山口蛍
酒井高徳
大迫勇也
武藤嘉紀

Jリーグの前後の記事

ページトップ