オリンピックへの道BACK NUMBER

“ペアが日本の弱点”という声も…りくりゅう・木原龍一29歳が晴らした8年分の悔しさ「自分が強くならないと勝てない」 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byJMPA

posted2022/02/08 06:01

“ペアが日本の弱点”という声も…りくりゅう・木原龍一29歳が晴らした8年分の悔しさ「自分が強くならないと勝てない」<Number Web> photograph by JMPA

悲願のメダル獲得を果たした日本、フィギュア団体チーム。それぞれが最高の演技を見せたなか、光ったのはペアの三浦璃来・木原龍一だった

「ペアはどちらかが合わせるイメージでしたけど、滑ってみてお互いが合いました」

 ペアを結成すると、2人は瞬く間に成長し、今シーズンはグランプリファイナル進出を果たすなど紛れもなく世界有数のペアに上り詰めた。日本のペアの歴史では画期的な活躍である。

「パートナーに引っ張ってもらっていた」木原が変わった

 こうして迎えた3度目の大舞台。

「自分が強くならないと勝てない」

 その思いとともに木原は臨み、そして、強くなったことを結果で表した。

 演技が終わり、三浦は「怖かった」と木原につぶやいた。木原はそれを受け止めるように、しっかりと三浦を抱えていた。それもまた、「パートナーに引っ張ってもらっていた」というソチの木原から、明らかに変わったことを示しているようだった。

「フリーで(2位となって)9点を獲れたのはうれしいですし、8年間の悔しかった思いを晴らせたと思います」(木原)

 でも2人のオリンピックはまだ終わっていない。

「過去の自分を超える」を掲げ、臨んできたシーズン、次の個人戦では、さらなる成長を期している。 

記事内で紹介できなかった写真が多数ございます。こちらよりぜひご覧ください。

この記事の全文は「Number PREMIER」でお読みいただけます。
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
甦る死闘。 True Stories of 2023. - Number1086号 <表紙> 大谷翔平

Sports Graphic Number 1086
甦る死闘。
True Stories of 2023.

2023年12月7日発売
800円(税込)

Amazonで購入する

関連記事

BACK 1 2 3
木原龍一
三浦璃来
宇野昌磨
鍵山優真
樋口新葉
坂本花織
小松原美里
小松原尊
北京冬季五輪
オリンピック・パラリンピック

フィギュアスケートの前後の記事

ページトップ