マスクの窓から野球を見ればBACK NUMBER

「右打ちの大谷翔平クラスの逸材なのか…」小6が“軟球で”神宮球場レフトスタンドの衝撃ホームラン 

text by

安倍昌彦

安倍昌彦Masahiko Abe

PROFILE

photograph byAFLO

posted2022/01/12 17:04

「右打ちの大谷翔平クラスの逸材なのか…」小6が“軟球で”神宮球場レフトスタンドの衝撃ホームラン<Number Web> photograph by AFLO

小6が“軟球で”神宮球場レフトスタンドの衝撃ホームラン…『12球団ジュニアトーナメント』は12月28~30日に神宮球場と横浜スタジアムで行われた

 然るべき人に、スイングの基本を繰り返し教わって、それを踏まえて、懸命に振り込んできた選手のスイングだ。

 素質もあるんだろうが、それ以上に、この小6球児たちは「刷り込んで」いる。刷り込んで、自分の「技術」にしているのがすごい。技術にしているから、たまたまじゃない。繰り返し、繰り返し、快打、ホームランを重ねられるのだ。

 左中間、右中間に4本のホームランを打った山本寿希也内野手(161cm58kg・右投右打)の下半身主導のどっしりスイング。

 終始センター返しの基本線を崩さず、2本塁打とライナー性のヒットを重ねた寺島健太捕手(151cm58kg・右投右打)は、投手をリードしていくリズムの良さと、力み過ぎずに二塁ベース上にポンと置く感じのスローイングに高い捕手センスが光った。

 そして仮設フェンスどころか、本来なかなか飛ばないはずの軟球を、神宮球場の、なんとレフト中段に放り込んだ小久保颯弥遊撃手(170cm57kg・右投右打)

 もしかしたら、右打ちの大谷翔平クラスの逸材なのかもしれない。

 スラリとした長身がしなやかに連動する美しいスイング。大会初戦の初回、先頭打者の初球をライトにホームランした瞬間から、「小久保の5弾」は始まった。

 3日間連戦の4試合で5ホーマーに長打も何本も……心身がよほどタフでなければ出来ない芸当だ。

 小久保選手はボディバランス抜群の動きでショートをこなし、抑えのマウンドにも上がる。

“練習に疲れた”高校生、大学生に見てもらいたい

 遊撃手なら、横浜DeNAジュニア・田中歩希(165cm52kg・右投右打)の“力感ゼロ”のフィールディングにも目をむいた。

 打球をグラブでフワッと吸収して、右腕をしならせた自然のスナップスローで一塁にストライクスローを繰り返す。プロでいえば、西武・源田壮亮遊撃手にしかできないようなソフトでスムースな連続動作を、小学6年生の田中遊撃手がやってのけるから、見とれてしまう。  

 スローイングなら、ソフトバンクジュニア・宮崎礼治三塁手(160cm48kg・右投左打)のきれいなバックスピンの効いた、糸を引くようなスローイングなんて、もう「見事」などという表現を超えて、賛辞が浮かばない。

 こんな完璧なスローイング、いったい、誰に教わったんだ……。

 さらに、横浜DeNAジュニア・大靏宇流三塁手(128cm30kg・右投左打)

【次ページ】 “練習に疲れた”高校生、大学生に見てもらいたい

BACK 1 2 3 4 NEXT
読売ジャイアンツ
福岡ソフトバンクホークス
中日ドラゴンズ
大谷翔平
横浜DeNAベイスターズ

プロ野球の前後の記事

ページトップ